日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
登校大作戦。すぴの反応
2009年03月19日 (木) | 編集 |
ご訪問ありがとうございます3はーと

この記事の前の話はココ↓に書いています。
「通級でのすぴ・12(臨時通級)」
「学校適応指導教室を検討するつもりが…」
「登校大作戦を聞いて…」




登校大作戦について、U先生と話をしたすぴ。

泣きながら…話しをする状態だったようです。

すぴも、始業式には行けそう…だと。
始業式には、通級の先生が、一緒に登下校してくださることになっています。
当日は、クラス分けを確認して、一時間程度で下校となるので、私もその日はクリアできると思います。

でも、そのあとは…。

泣きながら、すぴがポロッ…ポロッと話したことは…。

教室に行けない。
授業を受けられない。
そう思うと、涙がでるの…。

授業を受けても、なんにも分からない。
分からなくても、座ってるだけでいいと言われても、
そうしていると、涙がでるの…。

泣いちゃうの。
でも、泣いてる姿を見られたくないの。
泣いてるのを見られるのがイヤなの。

だから、行けないよ。



プライドが高く、負けず嫌い。
イヤだよね。
泣いてるところを見られて、先生やクラスのみんなに「どうしたの?」って言われることは、彼女のプライドが許さないのかな。


1a.gif

でも、泣いたり、困ったりしている人には「どうしたの?」「大丈夫?」って必ず声をかける、すぴです。
幼稚園の運動会で、「ママ、1位は無理かもしれないけど、2位にはなれるかも。楽しみにしてて。」といっていた、かけっこで…。

スタートラインに並んだ途端、隣の男の子が、泣き出して。
横で、なにか声をかけていたすぴ。
スタートしてからも、気になって振り返りながら走っていたけれど、ついには足を止めて、そのお友達に寄り添いながらのゴール。

いや~泣けました。そんな優しさを持っている、すぴの姿に、とても感動したものです。

見ていたお母さんたちにも、「なかなか出来ることじゃないよ。感動しちゃったよ」って声を掛けてもらいました。

でも、同じことを、すぴがされることになったら…。
すぴは、二度と、かけっこ出来なくなるのかな…。

大人や、年上の人に手を貸してもらったり、助けてもらえることは、受け入れられるような気がします。
でも、同学年のお友達に関しては、何事も、同等…あるいは上に立っていたいというプライドがあるのかなって。
それが、根っこにあるもの…なのかもしれないと感じました。


1a.gif

「無理だよ」「行けないよ」「どうしよう」…それしか言えないすぴに、U先生は、「たぶん、今はどうしようとしか考えられないだろうから、そのことは始業式のあと考えよう。とりあえず春休みの宿題のことだけ考えることにしないか?」と話されたようです。

たぶん、視点を変えさせるために、お茶でも飲みながら…ざっくばらんにおしゃべりして…すぴの涙が止まるのを待ってくださったのでしょうか…。
それにしても、「どうしよう」でいっぱいになったすぴを、どうやって「じゃあ、とりあえず宿題頑張るね」と思わせるのか…?さすがです…。


帰り道も、帰宅後も、すぴからは特になにも言いませんでした。
U先生のお陰で、春休みの宿題には意欲的なので、私も、その話にしか触れませんでした。
でも、夜になって、「登校大作戦をU先生が考えてくれたんだよね。4月3日に家庭訪問してくれるって!それが、すっごく楽しみなんだけど~笑い。
U先生との関係づくりがうまくいっているということが、今は私の大きな支えとなっています顔 ニコ



HANAflower



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。