日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主人のこと。
2013年10月04日 (金) | 編集 |
「半年ほど前に書いた記事…とまどう」

これ↑を書いた頃、主人が、市の教育相談室で面接を受けるようになって1年ちょっと経っていました。
(私と主人の担当は同じ方でした)

すぴは、父親との関係がうまくいかずにとても苦しんでいました。
物事を柔軟に捉えたり考えることが出来ない主人は、自分のやり方以外のことを自身で考えることは難しいようで、例えば、すぴが学校に行けなくなった頃のことを思い出すと、「今日は学校に行ったのか?」「頑張れ」「明日は、行けよ」と毎日声を掛け、すぴは狂ったように泣き叫んでいました。

私が、「頑張りすぎて動けなくなっているのだから、今の彼女に頑張れは禁句だよ」と言うと、「そうなのかなぁ」という感じ。そのうち、私も、「だから頑張れって言わないで」と感情的になり。。。
すると主人は、一切声を掛けられなくなりました。

「0か100」「○か×」という思考。

主人は、すぴだからうまくいかないと考えていただろうけれど、私もすぴ兄も主人の極端な思考や、独特の解釈というのは、すぴの不登校後、ますます感じることが増えてきていました。とはいえ、すぴのように泣き叫んだり、パニックにならないというだけのことで。

主人が、ようやく教育相談室で面接を受けるようになったことは、大きな一歩だと感じていたのだけれど、面接はなかなか上手く進まなくて。
関わり方についてのアドバイスも、試している様子はなく。それも、やりたくないのか、忘れてしまうのか、やり方がわからないのか、それさえ分からない。
カウンセラーが、「感情が出ない」「こちらの話がどこまで伝わっているかがなかなか掴めない」という。「私も、それが分かりません」と、まぁ、そんな状態。

すぴとの関わりを何とかしたいという気持ちはあるようだけれど、どうしても、自分ひとりで考えてしまい、それについて誰かに相談したり、確認したりせずに、頭の中でどんどん思考を膨らませ、「ぽいっ」と出してしまう。

それと厄介なことに、自分の中でなにか気づきがあると、それで「解決」という風になるらしく、「もうこれですぴとも仲直り」発言が出たときには、すぴに、「もう逃げ出してでも一緒にいたくない」と言われて、私も悩みました。

すぴは、何度も、「またか…」「もう、やめて」と訴える。そして、私も感情的になる。
よかれと思ってやっている主人は、自分のやり方がまずいとは思わないので、理不尽だなぁと思っていたはずですが。

そんなことの繰り返し。でした。
私は、教育相談室やスクールカウンセラーに相談して、とりあえず、距離をおこうということになり、物置のようにして荷物を詰め込んでいた部屋を片付けて、主人の寝室とし、前からあった小さなテレビもそこに移し、ずっとというわけではないけれど、リビングよりもその部屋で過ごす時間を長くしてもらおうという暫定的な処置をとることになりました。それは現在も続いています。

その後、主人が面接を受けるようになって9か月位経ったころ。年度途中で担当が変わってしまったのですが、新しい担当の方が、う~んという感じでした。しかも半年で退職。。。

主人には、「お母さんと一緒に面接を受けるやり方を試してみないか」という提案もされましたが、「ダメ出しされると思うと気が重い」と言っていたようです。
なんだか途方に暮れそうになっていましたね。
何から手をつけていいのか分からないくらい問題が山積みになっている気がして。
それなのに、担当がコロコロ変わるのでは、ますます不安になって。

現在はどうしているかというと、5月から、すぴの通院している病院で面接を受けてもらっています。

すぴが、病院でカウンセリングを受け始めたのが、中2の七月。今年の四月に担当が変わりましたが現在も続けています。

担当が変わった時に今後のお話をして、私も、月に一度定期的に面接することにして四月から行っています。
そこで、主人のことを相談して、主人にも病院で面接を受けてもらうことになりました。
家族支援というかたちで、今の担当の方には、すぴと私と主人の三人お世話になっているわけです。

すぴは、教育相談室には、通わなくなっていましたから、今のかたちの方が良かったと感じています。

そこで、主人と数回話したカウンセラーから、すぴよりも主人の方が特性が強いと感じているという話がありました。

先月、主人には心理検査と性格検査を受けてみないかという提案がされました。
「性格検査は、受けるのが怖いが、考え方の癖があるなら、客観的に知りたい気持ちはある」とのことで、来月、心理検査を受ける予定になったようです。

結果は、まず私に知らされることになっています。
詳しいことが分かったら、また今後について考えなくてはなりません。
家族みんなで考えなくてはならないことですが、どうなっていくのか。
結果を受けて、すぴが「お父さんはこういう人」と受け止め、自分を責めたりせず、ラクになっていけたら、何よりだと思います。

今のうちに、気持ちの整理というか、吐き出しておきたくて、長々と書いてしまいました。


この記事のコメント欄は閉じておきますm(__)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。