日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
問題と向き合うエネルギーが必要。
2012年07月25日 (水) | 編集 |
すぴと主人のことで、ますます私とすぴの密着度が高まっています。

すぴは、自身のメンタルの安定のためには、父親と積極的に関わらない方がいいと言っています。
ですから、おはようや、おやすみ、おかえりとか、いってらっしゃいなどの挨拶以外では、すぴから父親に接していくことは少ない。

私もその方がいいと思っていますし、おそらく主人も教育相談の面接で、そのように言われているはず。

「中学生で、一般的に言っても父娘という異性間の親子関係は難しい時期。
 無理に関わっていこうとせずに、娘さんから関わってきた時を大切にしましょう。」

そう話してあると聞いています。
ただ、カウンセラーが主人と話した印象として、「自分で考えてやっていきたい雰囲気を感じる」と言われていました。

それは私も感じるところがあります。最近も、主人としては、自分で考えた結果なのでしょう。すぴに、「これまでのお詫びに何かしてあげたい。だから一緒に○○に出かけてみないか…」と、車で遠出する話などを持ち出してきたようなのです。

ようなのです…というのは、私がお風呂に入っている時など、そばにいないときに話しているらしく、そのことですぴがストレスを感じています。

「ストレスを和らげてあげたい」「教育相談に行くようになって、父さんも分かってきた」という言葉もあったらしく、すぴが言うには、「ストレスの原因が父さんなのに、その本人にそんなことを言われるなんて理解できない」と。ごもっともです。

でも、その時に、「なに言ってるの?」とは言えないすぴなのです。
遠出の件では、「わたし、長時間の移動は苦手じゃん」とか、「車で寝るの?父さんと?」と、やんわり「無理」なことを伝えたようなのですが、「ビジネスホテルとかに泊まってもいいよ。部屋は別にすればいいし」「有名なところだよ。すぴと行きたいんだよ。行こうよ」と、なかなかあきらめないのだとか。

父親に悪気がなく、父親なりの思いで言っていることを察っしているすぴは、心の中では、「よくそんなことが言えるものだ」と思いつつも、ちゃんと話を聞いてやり取りしてしまうのです。
要するに、主人からすれば、悪くない感触…と受け取りそうな対応をとってしまうようで。
本音をぶつけられない自分に自己嫌悪を抱くことになると話してくれました。

「父さんは、なんで笑顔で言えるのか?」「少し考えれば父さんと二人で遠出するなどありえないことがわかるだろうに」「なんでかあさんがそばにいない時に言うの?」「何がわかってきたの?」「腕をひっかきたい」「どう言えば伝わるんだ」と、私に話しながらパニック状態になりました。。。

主人が、私がいないときに話すのは、そばにいるとダメ出しされると思うのか、邪魔されるように感じるのか、それもちょっと分からないのです。

そのことについて主人と話した方がいいと思うけれど、これまでも何度も何度も話してきています。

すぴとの関わり方については、今は「待ちの姿勢」が良いと思うと話してあるし、すぴに提案する前に、私にひと言相談して欲しいとも言ってある。話しても…。何度も話したけれど…。同じことが起きる。。。

ですから、これ以上どうやって伝えたらいいのか、私も頭が痛い。私が感情的になってしまうかもしれないし、そうしたら、うまく伝わらないどころか、間違った受け取り方をされる可能性もあるし…。

近々私の面接日なので、カウンセラーに相談しようと思います。

そんな事があるので、すぴは主人がいるときに、私がすぴから離れることをとても不安に感じます。というか、離れないで…と必死なのです。
結果、とにかくべったり一緒だし、主人に話しかけられないようにか、ひっきりなしに私に話しかけています。

正直、疲れる。
でも仕方ない部分もある。

ちょっと自分の状態に危機感もあり、外に出る機会を作っています。平日の日中なら、何とか行けるだろうと、すぴには前もって日程を伝えて。

先月は、以前一緒にコンサートやイベントに出掛けていたお友達とランチ。

今月は、不登校関連の講演会に出掛け、講演のあとには、分科会で同年代の子供を持つ方たちと、短い時間ですが交流。それぞれの皆さんが抱える難しい問題を耳にして、皆さん何とか持ちこたえようと頑張っているんだと感じ、私も踏ん張ろうと思えました。



人と話すということ。大事ですね。

子供とじゃなくて~
学校の先生やカウンセラーとでもなくて~

お母さんじゃない自分でいられる時間って必要。

起きている問題と向き合いつつ、自分の心身の健康も大事にしなくては…あきらめるばかりの自分になってしまう。

そんなことを思うこの頃です。

コメント
この記事へのコメント
少しは
息抜きになったみたいで良かったですね。

すぴちゃんと父親の関係がやっぱり大変みたいですね。
同じ親でも自分の子どもの状態を理解して
いい意味でほっておく事ができる親もいれば
そんなはずはない。と
自分の意見を通そうとしてしまう親もいますよね。

だけど、どちらが
子どもにとってはいいのか。。。
今までの経緯からいけば
いい意味でほっておく方がいいんですよね。
でも、やっぱり父親さんは
自分でどうにかできると思ってしまっているんですよね。
たぶん、すぴちゃんの状態を認めたくないのかな〜

と、よく知らないのに語ってしまいました。

話す事って大事。すごくわかります。
あたしの場合、仕事をしてるので
外で話す機会がたくさんあるから
家に帰って子どもの話を聞いてあげられるのかな〜
でも、時々、子どものまったなしの話には
正直疲れる時もありますね。
きっとHANAさんはその何十倍もなんでしょうね。

でも、今のすぴちゃんが心から頼れるのは
HANAさんだけだから
時々息抜きして頑張ってね。
2012/07/27(Fri) 16:00 | URL  | いつママ #MDo56pwE[ 編集]
いつママさんへ
いつママさん、ありがとうございます。

うまく気持ちをまとめられていない状態で長々と書いた文章、読んでくださってありがとうございました。

問題も、長い間抱えるうちに、何が良くて、何が良くないのか、だんだん解らなくなってきます。

父親は、どうもすぴのことが良くわからないのだと思います。たぶん理解し難い存在なんじゃないかな…。
せっかく相談室でお話をしているので、主人がアドバイスを素直に試してくれたらいいのになぁと思うんですよね。

家族だからこそ、難しいですね。問題があっても、日々顔を合わせて生活しなくてはならないし…。

せめて、すぴの状態が悪くならないように、私も時々息抜きしてやっていこうと思います。

ありがとうございました。
2012/07/28(Sat) 19:28 | URL  | HANA #-[ 編集]
お久しぶりです。
父親がストレスなところ、うちも同じくですよ^^;

父親本人はそんなことまるで無自覚だから、
色々提案して子供達に却下されると、途端に不機嫌になってしまったり。

子供が父親に合わせてる事にまるで気づいてないんですよね~。

すぴちゃんは反抗期の年頃だから、お父さんとは関わりたくない時期でもありますね。
お父さんの気持ちも分からなくはないですが、
すぴちゃんとの関わり方はもうちょっと違う方向で
考えて欲しいですね。

向き合おうとする姿勢は大事ですけど、

2012/08/02(Thu) 16:08 | URL  | 高橋 #-[ 編集]
高橋さんへ
高橋さん、こんにちは。

読んでくださって、ありがとうございます。

高橋さんのところもですか(((^^;)きっと、こういうお父さん結構いますよね。

子供が合わせたり、いい意味であきらめたり、母親がうまくまとめたり、そういうことで、何となくやっていければ、それはそれでいいのかな…と思うのですが…。

娘が、小さい頃のことをトラウマと言っているのが難しい点でしょうか。父親が、頭から否定する言い方をするのがかなりきつかったみたいです。

主人は、関わりたい、でも方向性を変えられないというのがあり、なかなか…。

だんだん、子供の方が大人になります^^
2012/08/03(Fri) 15:19 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。