日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
傷。
2012年06月08日 (金) | 編集 |
すぴの両腕の引っ掻き傷は、だいぶ目立たないくらいに良くなってきました。

かなり強く引っ掻いていて、みみず腫れとポツポツと湿疹が広がったのとで、痛いやら痒いやら…となり。そのせいで眠れない!と、またイライラ…。

皮膚科で診てもらおうかというと、「それがいいよね」って。
病院に行くにも納得と決心が必要なすぴですからね(*_*;、余程、ひどかったんでしょう。。。

病院で、お薬をもらってラクになって、傷も日に日にきれいになってきて、「よくなってきた」「だいぶ目立たなくなってきた」と、すぴもホッとしているようです。


ここ1、2ヶ月は、こういったことがちょくちょくあります。


泣いた時、タオルで涙を拭くうちにタオル越しにですがギュッと爪をたてて、まぶたの周りに傷をつけたり、腕の引っ掻きのあとも、かかとを足の甲にゴンゴン打ち付けたといって腫れていました。

そうせずに感情のコントロールが出来ればそれにこしたことはないけれど、すぴはすぴなりに、必死で自分を守っているのでしょうからね…。

ただ、これはすぴが引っ掻くという自傷をするようになってからずっとですが、「すぴも痛いけど、お母さんも痛い」ということは、言い続けています。
まぁ、はじめの頃の私は、第一声で「何で引っ掻くの!?」と責めてましたけど。。。
正直、傷の心配より、怒り?が沸いてくるのが先でした。わぁーとなって、頭の中がぐちゃぐちゃになって。

今も、「なんでよぉ…」と思う気持ちに襲われることはありますが…。

でも、以前とは違う…。
娘と母が重なって、どっちへの気持ちなのかが分からなくて、ぐちゃぐちゃになっていた頃とは違います。

私は、無意識に2人を重ねて苦しくて、すぴに「なんでよ」「やめてよ」と吐き出していたんです。

すぴは、母親に分かってもらえなくて、どれだけ苦しい思いをしていたでしょう。

でも、私も苦しかった…。

母の手首には、傷があって、同じ経験があるらしいお友達と、傷をつけた時の話をしていたことがありました。私のそばで…。私が、6~7歳の頃だったと思います。

切ったこと。その時どうなったかってこと。。。
あんまり子供時代の記憶がないのに、こういうことはよ~く覚えているものですね。

鮮明に思い出せるので、言葉や光景が浮かぶと、いまでも心臓がバクバクします。だって、こわかったもの(T_T)

すぴが自分を傷つけるのをみて、どうして自分がこんなにぐちゃぐちゃな気持ちになるのか最初は分からなかったんです。だから辛かった。

でも、ある日(数年前)、ストンときた瞬間があって。気づきました。


すぴと母を重ねてしまっていたこと。
子供の私の前で、母にあんな話をして欲しくなかったこと。


分かってから、ぐちゃぐちゃになって苦しむことはなくなりました。

複雑な思いを感じることはありますけどね。。。

やっぱり違います。

(でも、書きながらちょっとバクバクしちゃったかナ)



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/11(Mon) 21:03 |   |  #[ 編集]
鍵コメさんへ
読んでくださってありがとうございました。

よしゅよしゅしてもらって、心があったかくなった私です。お礼にむぎゅ(*^^*)

でもコメントを拝見して、鍵コメさんのお仕事の大変さを改めて感じたりもしました。やっぱり家族も問題を抱えているケースって多いのでしょうね。

今日は母の命日なんです。母の笑顔を思い出して、母にもむぎゅ、したいなぁ。

あたたかいお言葉ありがとうございました。
2012/06/12(Tue) 15:26 | URL  | HANA #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。