日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
振り返り(小学校卒業~中学校入学3)
2012年01月20日 (金) | 編集 |
良いかたちで小学校を卒業して、一応は一区切りついた。はず。

すぴも?

うーん。。。

すぴは…、

「もう少し小学生でいいのに」と、卒業式での感動が、「中学へ」にではなく、「このままがいい」と思わせたか?な様子。


一方で、私は…、

・中学校に入ったらまた一からやり直しなんだろうなぁ。
・不登校の生徒が増えて、放っておかれちゃうんじゃないかなぁ。
・だいたい入学式に出られるかどうかも分からない。
・入学前に、中学校の先生と話をしておいた方がいいんだろうか。

なんてことを考えずにはいられませんでした。


特に、入学式への本人の思い。
「入学式?出るか、出ないかはその時にならないとわかんない」
「で、なに?入学式にわたし、出んの?出ないの?」
根っこに抱えているものがあるとはいえ、本人がこんな風に言っている状況で、私は何をすればいいのか?

卒業式にしても、入学式にしても、興味や関心の問題ではないんだろうけれど、すぴにとっては、たぶんそうなんです。その要素が高い…って感じでしょうか。

「こういった状態にある」ということを、中学校に伝えておいた方がいいんだろうけれど、誰にお話したらいいんだろう?


校長先生?
副校長先生?


スクールカウンセラーにもそのことは相談していて(あえて不安、不安と言っていたかも。もう、ひとりで奮闘しているような状態にしたくなかったというか…)、入学式当日にあれこれ話しても、慌ただしくて聞いてもらえないかもしれないので、「こうしてください、ああしてください」というお願いではなく、「こういう状態にあります」と伝えておいた方が良いだろうということになりました。

一時は、スクールカウンセラーも同席してくださる…なんて話も出たのですが、年度末でなかなか連絡も取れず、最終的にはまた通級の先生に相談しました。

通級の先生は、中学校への引き継ぎもしてあるけれど(担任、スクールカウンセラー、通級からしていただきました)、入学式のこともあるし(事前に話しておけば、それなりに対応を考えておいてくれるかもしれない)、入学前に一度話しておく方が丁寧かもしれないと言ってくださいました。

そして、とはいうものの学校は一番忙しい時期であるし、異動もあるので、異動が分かったあと、コーディネーターに連絡を入れてみますから…と。

その後の連絡で、中学校の特別支援のコーディネーターは養護の先生で、異動はなく変わらない。コーディネーターが窓口になってくれるので、連絡を入れてみるようにということでした。

通級の先生には本当にお世話をかけました。

その時点で始業式を2日後、入学式を3日後に控えていましたが、養護の先生に連絡すると、「入学前にお話を聞けるとこちらも助かりますから、ぜひ」と、その日のうちに時間を作ってくださいました。

少しホッとしました。



あと少しつづく。
コメント
この記事へのコメント
こうして成長の記憶をたどっていくのは良いことですね。まだ新しいうちに。私はもう思い出せないもん。思い出したくないから余計に留まっていないというか。

文章にして書くことで冷静に状況の把握ができますね。以前から冷静にそして温かく分析できる人だなぁ~と思っていました。
2012/01/22(Sun) 01:07 | URL  | ミリわん #r.rF7prM[ 編集]
ミリわんさんへ
文章にして読み返すと、自分が見えてきますね。

誰かに見てもらう文章だからこそ、冷静にもなれる。で、だんだんホントニ冷静になっていく…ってこともあったように思います。

いつもありがとうございます^^
2012/01/23(Mon) 11:29 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。