日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
振り返り(小学校卒業~中学校入学2)
2012年01月18日 (水) | 編集 |
連携って難しいのだなぁ…と感じたのは、学校と保護者の間だけではなかったように思います。

すぴの場合でいえば、学校、保護者、スクールカウンセラー、通級…これらの間でもう少しうまく連携がとれていたら、もっといいかたちで支えていけるのではないだろうか…という思いがありました。

せめて、担任とスクールカウンセラー、担任と通級ってあたりは、もう少しうまくいかないものかなぁ。。。なんてこっそり感じていたものです。

先生方、とっても多忙でいらっしゃるのはわかるんですけどね。。。


そんな事情を垣間見てはきたけれど、卒業に関しては(式に出席する、しないは最終的にすぴが決めることですが)、「連携」をとってサポートしたい。と願っていました。


一日一日と卒業を迎える日が近づき、担任がバンバン提案してくる(元気な先生なので^^;)卒業に向けてのスケジュール参加のお話。
「すぴには厳しいだろうなぁ」と思うことも、とりあえずサポートすることを伝え、その提案ですぴが不安定になったら、通級の先生に相談するということをやっていきました。

特に卒業式に関しては、「○日までに、出欠を決めてくれないと対応が難しい」とのことで、すぴが(イライラしたりと)不安定になっていたので、通級の先生から担任にそれとなく話をしていただいたんです。
その結果、当日でも対応すると言ってもらえて、すぴも安心することが出来ました。

先生が期限を決めたのには訳があったのだと思います。
すぴに卒業への覚悟というか、他の生徒たちがそれなりの準備をして臨むわけですから、軽く考えないで欲しいという気持ちがあったのでしょう。
すぴは、先生に「卒業式とかどうでもいい」なんて言っていましたから。。。

でも私としては、その言葉を鵜呑みにせず、不安や自分を責める思いから、素直になれない気持ちをわかって欲しかった…。
すぴは、真面目すぎるほど真面目。先生とのやり取りで卒業式の大切さを分からない子ではない。。。

それが正直な気持ちでした。

でも、それを私から繰り返し伝えてどうなるんだろう?と考えると、通級の先生に間に入ってもらうというか、対応をお願いした方がいいなと思ったんですね。

学校が期限を過ぎても、出席を認めてくれるであろうということは想像がついていたけれど、すぴに落ち着いた状態で考えて欲しかったんです。

そして、すぴには、「先生も(日数が残り少ないから)焦っているのかもよ」「本当は不安なんですと自分の口から伝えられたらいいね」…と話しました。


迎えた当日。
色んな方のお力を借りて、卒業式にはギリギリセーフでしたが、出席することが出来ました。
(学校に着くまで、それはそれは大変でありましたぁ 泣)
でも、とってもいい式でした。すぴも、号泣してた。。。うんうん。

式で、たくさんの先生に声をかけてもらったすぴ。

みんなが「おめでとう」と言われるなか、すぴは「よかったね、頑張ったね。おめでとう!」って声をかけてもらっていました。


「こんなに心配されていたんだね」


という言葉をすぴから聞いて、安心したものです。


時には、「何にもしてもらえない」なんと思ったこともありました。
でも、先生方にも色々事情があって、関わりたいと思っても簡単には出来なかったのかもしれない。先生方、みなさん心配してくださっていたことは間違いない。そう感じたりもしました。


とはいえ、子供のためにせっかくたくさんの人が関わってくださっているわけです。

うまく連携がとれないのは、もったいない。。。



もう少しつづきます。


コメント
この記事へのコメント
あら…?
なんか先日から…

ワタシが書いた???

みたいなww

ぐちゃぐちゃの頭の中を、こどもたちはすぴちゃんに、私はHANAさんに、整理してもらっちいるみたいです。今このタイミングでこういう話に出会えてら正直私はラッキーです。来年度の目標はいかに卒業して次を迎えるか、だから。

卒業式にこだわるのは学校や親の勝手な希望であって、本人には迷惑な話なのかな、とか。節目は一度じゃないってもっともで無理させることないよな、とか。

面倒を避けたいだけの私の諦めなんだろうか、と悩んだりして。

ゆっくり考えていかなくちゃ、いつもありがとう。



2012/01/20(Fri) 07:32 | URL  | いな #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/20(Fri) 09:57 |   |  #[ 編集]
いなさんへ
いなさん、読んでくれてありがとう(^^)

しかも、「私が書いたみたい」なんてうれしいコメント!
今、ようやくまとまってきて…書けるようになって、当時どれだけぐちゃぐちゃだったのか…と思うよ。

卒業で、ひとまず一区切りつけさせてあげたいけれど、本人の気持ちって私たちの想像以上に複雑だものね…。

せめて、親も学校の先生もみんな自分を応援してくれてるんだなぁ…くらいに思ってくれたらいいなぁ。

こちらこそ、いつもありがとうです。

2012/01/20(Fri) 18:52 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
鍵コメさんへ
こんにちは(^^)
雪になりましたね~
そう、今年冷えますよね…。寒いのは苦手でして(;人;)

先日コメントいただいたときに、ちょうど振り返り記事を書き始めていて、これも何かのご縁かなぁ…と思っていました。
お役に立てるかどうかは分からないけれど、同じように悩んだり、揺れたりしながら今を過ごしていらっしゃる方とこうして出会えてありがたいなぁと…。
読んでくださって、ありがとうございます。

お子さん、すぴと似ている気がします。
「やれば出来る」…、これはすぴが言われるたびに涙目になっていましたね。
本人にしか分からない、辛さがあるんだと思い知らされたものです。
最近少しずつ自信を取り戻して、得意なことに関しては「確かにやれば出来るのかも」なんて言うようになりました。

お子さんの苦しさも、すぴと重なって切ないです。
すぴは今、学校に行かない選択を自分でしているけれど、不安を感じないわけはないですものね。。。


よかったら、またお立ち寄りください。
これからもよろしくお願いします。
2012/01/20(Fri) 19:11 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。