日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すぴと養護教諭
2009年02月04日 (水) | 編集 |
前任の養護教諭はベテランのT先生でした。
ひと言で言えば、すぴに対して〈特別扱い〉をしてくださった先生といえるかもしれません。

すぴが3年になって登校を渋りはじめた頃、保健室ですぴはT先生にいろんな話をしていたようです。
それはすぴからも、「T先生はすぴのはなしを何でも聞いてくれる」と聞いていました。

実際に、先生とお話をする機会をもったときに、

☆すぴが、お友達にからかわれたこと。
☆内緒の話をバラされていたこと。
☆当時ヤマハのエレクトーン教室に通っていたのですが、そのレッスンが苦痛であること。
☆家で、兄とケンカするとなぜか自分だけがたくさん叱られること。


などを口にしていたと聞かされました。

ヤマハに関しては、幼稚園の年長さんから、本人の希望で始めて以来楽しくレッスンを受けていましたが、3年になってからは少しきつそうでした。

理由として考えられたのは、次のようなことでした。

☆6時間授業の日とレッスン日が重なり、帰宅後すぐにレッスンに行かなければならなかったこと。
☆先生が変わって、少し厳しいレッスンとなってきたこと。
〈前の先生は、すぴを持ち上げ、リーダー的存在にしてやる気をださせるのが上手でした。まぁ、見ようによっては、えこひいきに見えるかもしれませんが、その頃は、すぴがただヒトリの年上さんだったので成り立っていたのかもしれません。それが、先生が変わるのと同時に、同じ学年の子が3人になりました。前と同じような存在でいる為には、頑張らなくちゃいけない。決して、劣っているわけではないのに、自信を持てないようでした。〉
☆皆と、足並みを揃えながら、アンサンブルを作りあげることにとてもプレッシャーを感じていると口にしていたこと。



実は、登校を渋るより前に、ヤマハのレッスンを休みたいと言うようになっていました。
出かけても、途中で座り込み、顔を真っ青にし、何度か家に引き返したりもしました。
そんな様子を見ていましたし、養護の先生にも話していたことを知り、まずはヤマハのレッスンをしばらくお休みすることにしたのでした。

エレクトーンのレッスンに行かなくてよくなり、それに関してはとても安心し落ち着いたすぴでした。

でも、今度は、

「自信がない」
「今までのようにいろんなことが上手く出来ない」


と言うようになったらしく、T先生は、これまで必死に頑張ってきて、とても疲れているようにみえる…とおっしゃっていました。

ある日、保健室で絵を描いたのだそうです。
真ん中に、色がうすーくて小さな犬が描いてあり、まわりには色んなおおきさの犬がいる絵。

その絵を先生に見せながら、「主役はどの犬でしょう?」と質問したのだそうです。
先生は、大きくて、目立っている犬を指差し「この犬かな?」。

するとすぴが、「違うよ先生、主役は真ん中にいる子に決まってるでしょ。主役になりたくても、なれない可哀想な犬なの」と言ったのだとか。

先生は、「あー、この真ん中の薄くて小さく描いてある犬が、今のすぴちゃんの姿なのか」
「すぴちゃんは主役になりたくても、なれない…この目立たない犬を、自分と重ねて描いたのかも」と私に、話してくださいました。

先生も、私も、思わず涙がでるような悲しい絵でした。


HANAイチゴ


今日も欠席のすぴです。
せっせと絵を描いているかと思えば
「甘えたい絵文字名を入力してください
「むぎゅっして絵文字名を入力してください
と私を追い回しています。
朝、学校に連絡するのが、すごーーーーーくテヘ
イヤだったのですが、今日の先生は、ため息をつかれませんでした。
みなさんの「念」のおかげかも~と、ヒトリで喜んでしまいましたjumee☆thanks1
同じ想いで過ごす皆さんの言葉は、本当に支えになり、力となります。
ありがとうございます顔 ニコ


コメント
この記事へのコメント
2009/02/04 21:03
6時間授業の日とレッスン日が重なり、帰宅後すぐにレッスンに行かなければならなかったこと・・・これは、空もかなり負担だったようで、習い事を1つやめました。学校での我慢を抱えたまま、レッスンに行くのは辛かったなって、今はわかってあげられるけど。当時は、自分がやりたいって言ったんだよっと言って、空の辛さに気がついてあげられませんでした。
いろいろお話できる心開ける保健室の先生だったんですね。空も1年生の頃から、保健室へ行くことが多かったようです。そこで、いろいろ話していたようです。学校の中に、心開いて話せる人がいるって、強い味方になるんだって思うんです。そうゆう心のままの絵を目の前で描けるというのも、心を開いている証拠なんでしょうね。
自信のない、小さな小さな自分を空を描きました。見たときの気持ちは、今でも忘れられません。
2009/02/27(Fri) 23:18 | URL  | alohirani #WstX4HDY[ 編集]
2009/02/04 21:35
私も・・・・娘が小6のお別れ会の時に書いた額縁の絵・・・周りのお母さん方も泣くくらい悲しく、そして、この子はこんなに我慢してたんだ・・・と思うような言葉が書かれてました。
「いつも悲しい時、一緒に泣いてくれてありがとう。涙をぬぐってくれた お母さん、これからもよろしく」と。・・・・ほかの子は「お母さんおいしいご飯をありがとう」とか、「バスケに送ってくれてありがとう」とか だったのに。そして、絵は半分が灰色。半分が空色。何で?と聴くと「灰色は私の心。空色はお母さんの好きな色で、これから明るくなればいいな。・・っておもって」今も涙がでそうです。娘は保健室登校も嫌がったし、私が教頭や養護教諭と掛け合ってやっと卒業式にまにあったよ。卒業式では大好きなピアノを泣かずに(そりゃ~小学生活は「この半年でつまれないものになった!」と言い張るくらいですので^^;)ちゃんと引けました。
長くなったけど、すぴちゃんも絵に上手に自分の心を表現できることは素晴しいことと想います。そうやって大人にメッセージを送れない子もいると思うし。いろんな表現をしながら子供ってSOSを発してるんだよね。辛いけど我が子だもんね。守っていかないとね。はな・・・何にもしてあげれないけど、見守ってるから。絶対に裏切らないから^^
2009/02/27(Fri) 23:20 | URL  | yoyo #WstX4HDY[ 編集]
2009/02/04 22:51
alohiraniさんへ

へんな言い方ですが「ついてない」ところがあるんですよねv-390。先生の変更とともに、レッスンの曜日が変わり、それが週に一回の6時間の日でした…。言っても仕方ないんですけど、そういうことがよくあるんですよね…
こうしてお話を聞くと、発達障害とかPDDの子供たちには、「自信がもてない」「ちっぽけな自分」のような感覚を持つ人が多いのかなぁと感じますね。
生きるのが大変だろうなぁ…とすぴを見ていてよく思います。



yoyoへ

いつもありがとう。
娘さんもたくさん辛い想いをして、でも卒業式での立派な姿…涙、涙の卒業だったんだろうね。
私も、yoyoに何もしてあげられないのよね。
こうやってブログ見てもらえることで十分なんですv-353

すぴにアスペルガーという障害があるにせよ、彼女はいつか社会に出て生きていくわけで、私はその時の、(こうなっていて欲しい)すぴをイメージして、見守るだけだなって思うよv-354

2009/02/27(Fri) 23:22 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
2009/02/04 23:03
またしても聞いたことがあるよーなお話・・・
うちのも2つ習い事やめましたv-409
「心が疲れちゃう」って。
やめる時、なかなか理解してもらえなくて辛かったなぁ。。。。

すぴちゃんも行けませんでしたか。
うちもいまだお休み中です。
欠席の連絡、本当にブルーですよね・・・

2009/02/27(Fri) 23:24 | URL  | とらみ #WstX4HDY[ 編集]
2009/02/05 00:05
とらみさんへ

こんばんは~
とらみさん、疲れてませんか?v-409

やっぱり習い事をやめなくてはいけなかったんですね…。「心が疲れちゃう」かぁ…切ないですe-263

のんちゃんも、すぴも、今週は「行く気」にならない週ですかね。。。
「明日も行かない」って言ってます~

2009/02/27(Fri) 23:26 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。