日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【中学に向けて】すぴの気持ちやこれからのこと。
2011年02月03日 (木) | 編集 |
「中学校は、みんなが行くように、学区の中学に進学する。それが当然。」
「行ける時は、行く。それでいい。あとは家にいればいい。」
「俺(現在の彼女の一人称)はそれにこだわる」


と、すぴは言いました。

「市の適応指導教室や通級はどうして選択肢に入らないのかな?」と聞いてみると、「キャラ崩壊だから」と答えました。

「キャラ崩壊?」

「うん。お母さんは笑うかもしれないけど、俺は○○さんたち(アニメのキャラクター)がいつか学校に現れると信じてる。それは普通の学校じゃなきゃダメ。適応指導教室や通級には来ない。」


なるほど…。
皆さんがどう受け取られるかわかりませんが、私はまず「あぁ、すぴ自身のキャラ崩壊なんだろうな」と思いました。

ずっと前に、こう言ったことがあります。

「通級にどうして行かなきゃいけないのか?あそこに来ているみんなと自分は違う」

きっとそういう意味合いなんじゃないかなと…。




私はすぴに、お母さんとすぴの間では何ヶ月かに一回でも学校に行くこと。それだけでもすごいことだと、頑張ったといえることだと話しました。
まして、6年生では日光移動教室へ参加し、卒業アルバム写真の撮影をし、学習発表会でナレーターをし、卒業文集も書いた。先生が、すぴが出来るようにと工夫をしてくださって、そのことですぴも安心出来て、そうやって学校にも考えてもらうことで出来ることがたくさんあった。やってみようと思えた。頑張れた。よかったよね…って。そう伝えました。




実は、私はすぴがフリースクールでやっていくと、ある程度でも「そっちの方が自分には合っている」と思えたら、在籍はするけれど、本人は別の場所でやっていく気持ちであると、中学校に話をしていくつもりでした。
在籍する以上は、先生とやり取りをしていかなければならないけれど、それは私の仕事として、すぴには「在籍校に行けていない」と考えることなく、自分に合った場所で楽しく過ごしていけたらいいなと思っていたんです。

でも、すぴが学区の中学にこだわり、フリースクールや適応指導教室ではちょっと違うと考えているのなら、中学校でもこの一年間のような形でやっていけたらいいなと思います。すぴ自身も実際入学してからでないとイメージしづらいことが多いと思うので、焦らずにやっていくしかない。



そのためには、どうしたらいいか?

今は、そのことを考えているところです。

これまでの小学校生活を振り返ると、通級の先生、スクールカウンセラーさん、こうした先生方とお話をしてきても、学校というのはそう簡単には変わらないのだなぁ、難しいなぁと思う場面にたくさん出合ってきました。
専門の先生の考えさえそう簡単には受け入れてもらえない。

きっと中学もそう大きな違いはないのではないか。

だとしたら、もっと味方が欲しい。

そこで、前回の日記に書いた「とある先生(I先生)」にたどりつきました。
ある特別支援学校の校長を退職後、前任の校長が後任の校長の下で職員として残るという形を自ら希望され、近隣の地域の人たちの力になれるよう相談を受けていらっしゃる。素晴らしくて、実は凄い先生らしいです。



I先生とお話をして、今とっても心強い思いです。
これまでの私が考えてきたこと、思い、やってきたことに対しても少し自信を持てました。
本当に出会いに「感謝」のひと言です。
I先生に繋げてくれたお友達とその知人の方のお陰です。

たくさんのことをお話をして、先生からは難しいケースであり、本人の気持ちを考えると深刻な状況と判断するといわれました。

小学校と同じようにやっていては、同じことを繰り返すだけ。

さて、なにをしようか?と。


☆先生は、まず医療機関からの助言が受けられていないことを指摘されました。

☆見立てとしてはおそらく間違ってはいないだろうけれど、長い間本人とは会えず、親の話だけでお薬を処方している状態。
【学校の対応については、相談したことはもちろんありますが、あまり具体的にはアドバイスはいただけませんでした。混んでいても、患者さんが少なくても、ほぼ5分の診察時間】

☆これから思春期特有の難しさが出てくると、学校の他の生徒たちに理解してもらうことも難しくなる。本人が登校したいと思ったときに、学校が本人にも他の生徒たちにもきちんと対応出来なくてはならない。

☆支援を、特別扱いなんていう時代ではない。どこでもやって当たり前。しかも、医療機関に通院し、投薬を受けている、治療中である。

☆また本人が自信を失っている部分や、人と付き合わずに過ごしていきたいと感じている部分も考えていくことが必要。




そして、

「まだ11歳の子がこんなに色んなことを考えてる。きっとかなり苦しい思いをしてきたはず。それでも人生意外と捨てたもんじゃないよって伝えてあげたいじゃない」という言葉には大きくうなづきました。




ということで、まずは医療機関を紹介していただき、受診することになりました。
I先生のお力添えで、今月中に予約をとることができました。

これからは医療機関のサポートも受けながら、学校と話をしていくことが出来ると思います。
すぴも、「そうする」と納得し、「すごい先生なんだね」って言っているところです。


こうして色んな方に支えられながら、少しずつ少しずつ私もすぴも動いている。。。
光に向かって。。。



2010020301
とってもキレイな夕日でした(*^_^*)

コメント
この記事へのコメント
感動しました。。。

>「まだ11歳の子がこんなに色んなことを考えてる。きっとかなり苦しい思いをしてきたはず。それでも人生意外と捨てたもんじゃないよって伝えてあげたいじゃない」という言葉には大きくうなづきました。

素晴らしい先生に出会えて良かったですね♪
こんなに理解のある先生がいらして
すぴちゃん自身も納得したという事が凄い♪
心強い味方ができましたね!
HANAさんの頑張りがご縁を引き寄せたのだと思います(^_^)
まさに、光に向かって動き出しましたね。
夕日にうるうるしてしまいました~
2011/02/03(Thu) 17:24 | URL  | アニー #RGK.ERMk[ 編集]
ちょうど難しい時期に入るけど、でも、もうそろそろ覚悟をしなきゃ・・・

乗り越える時には「自己認識」が必要だから・・・

でも、なんだかもう、すぴちゃんは「こんな自分」を納得できているように見える。こんな自分でいいんだ。こんな自分で生きていくという覚悟。
2011/02/03(Thu) 23:37 | URL  | ミリわん #r.rF7prM[ 編集]
明るいほうへ
今年は始めから素敵な出逢いがありましたね。
暗い中で困っている時には『どうしようか』『大丈夫だよ』って励ましてくれる人より『明るい方向』に『最適な手段』で『導いてくれる人』が欲しい。複数の理解者も有難いけど本当に必要なのはたった一人の救世主だと思います
そんな神様のような人に出逢えた気がします
私の長男(現在中3)のクラスにも小学校の高学年くらいからに来れていない男子がいます。中学校に入学してからは教室&生徒の前には一度も姿を…
どうも保健室には何度か登校出来ているようです。担任の先生は『クラス全員揃って欲しい』と願っているのは伝わるのですが、その男子について何の説明もないので今もし教室来れてもクラスメートの側に心の準備が出来ていないのも事実です
十人十色、個人差、色々なケース、プライバシーの問題もあるでしょうから全ては話せないでしょうが…
ただ我が校は小学校からの持ち上がりで他校からの合流もないので同学年のほとんどの生徒がその男子の事を知っているのが唯一の救いです。
この例は何の役にも立ちませんが、どんな形にせよHANAさん親子に光が射し込んできているので、神様の導かれるままに進んで下さいね。何だか私自身もワクワクしています。
2011/02/05(Sat) 07:02 | URL  | きんさん #-[ 編集]
こんにちわ♪
すぴちゃんは、自分の事をすごく自分なりに理解しているみたいですね。
だから、自分の気持ちを今は伝える事ができるようになったのでしょうか?
自分の中で自分を置ける環境を自分で理解していくって難しくて大変ですよね。
大人だってなかなか出来ない、というか
自分の事を自分でどれくらい理解出来ているかも定かじゃないですよね。
すぴちゃんは自分をわかっているような印象をあたしは受けました。

これから、どう変化していくのかそれは誰にもわからないだろうけど、
でも、いい先生との出逢いや、少しづつ状況が変わってきている事など
ブログを読んだ感じから受けるのは、やっぱり明るい方向へ進んでいるのかな?って感じます。

すぴちゃんが納得できる未来を目指していけるといいですね。
2011/02/05(Sat) 12:48 | URL  | いつママ #MDo56pwE[ 編集]
進学についてはすぴちゃんの意向を第一に考えて決めることが最善だと私も思います。
家の次男のように親は良かれとおもって決めた進路でも、本人が納得していなければ一生トラウマとなって残ることになるから。
家の次男のように苦しんで欲しくないです。
すぴちゃんは家の次男よりずっと大人で自分の事が分っているので心配はしていませんが (^^)
そろそろ自分の障害についても気づき始めているのかもしれませんし、揺れ動く年頃ですものね。
先ずはDrと会って、自分の気持ちを吐き出せる場所を作ることですものね。
HANAさんのいつもすぴちゃんに寄り添う姿には見習わなくてはいけないと改めて思います。
すぴちゃんにとって居場所の良い場所が見つかりますように。
2011/02/06(Sun) 15:18 | URL  | エンジェルキャッチ #.X1nSIf.[ 編集]
光りが…
 見えてきましたね。HANAさん。良かった。心からそう思います。これからも自分の身うちのように見守っていきたいです。
2011/02/08(Tue) 21:57 | URL  | 猫亀さん #-[ 編集]
ありがとう。
私、すぴちゃんの考え方、大好きだよ。
すぴちゃんを見ていると、みんなと同じ世界に住み、みんなと同じ世界観を共有することだけが「生きる」ということではないってことが、よーく理解できる。

どこか自分が他のみんなと違うということや、生きている世界や次元がどこか違うってことで、寂しく思う必要はないんだなって、私はすぴちゃんから勇気をもらったよ。ありがとうね。
2011/02/11(Fri) 09:59 | URL  | .:+ 青空猫+。:.゜. #.8bT96/M[ 編集]
すぴちゃんにとって中学校は大変な進歩につながることと思うよ。小学校のように先生は一対一で見てくれないところもあるし、でもはなもI先生という素晴らしい先生に出会えたことで乗り越えられるんだろうね~よかった^^
がんばっていこうね。
私もがんばる。
2011/02/12(Sat) 21:03 | URL  | よよ #-[ 編集]
はなーなんかコメきついこと書いてない??私・・ごめんねーそんなつもりないのに・・・ただ小学校とまた違う環境の中ではなもすぴちゃんも光り輝くといいな~~って・・・・

なんだか ごめん
2011/02/13(Sun) 21:26 | URL  | よよ #-[ 編集]
反省…
先日はちょっと不安にさせるような事を書いてしまってごめんなさいね
今、息子の中学校が荒れてるから、そんな所にすぴちゃんが行くかもしれないと思ったら心配で心配で…。
本当にごめんなさい。
全部の学校が荒れてるとも限らないのにね。せっかく頼れる先生に巡り会えて、すぴちゃんもやる気になってるんだもんね。前向きにならなきゃいけないのは私のほうだね。また一つ勉強になりました。あったかい春が待ち遠しいですね。
2011/02/15(Tue) 05:05 | URL  | きんさん #-[ 編集]
はなしゃんご無沙汰です(●´∀`●)/

また、ソワソワする季節がやってきたね。なんでかな、私、この記事、とっても泣けました。。前向きで素敵な記事で、ニコニコして読んでいたのに、どうしてかな、涙がぽろぽろでたよ。
時は止まってはくれないんだね。進んでいくしかないんだね。

新しい出会い万歳!


近日、ブログ再開予定です(爆)
2011/02/16(Wed) 21:26 | URL  | ひまわり #-[ 編集]
よよ&きんさんさんへ
よよ、きついことなんて思ってもみなかったよ。だーいじょーぶ。ありがとう(^ー^)


きんさんさん、コメントありがとうございました。
頂いたコメントを読んで、こうしてまるで自分のことのように心配してくださる方がいる…有難いなぁ、幸せなことだなぁととっても嬉しかったんです。
だから、大丈夫ですよ。よかったら又お話させてくださいね。ありがとうございました(^ー^)
2011/02/18(Fri) 12:41 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。