日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来月の発表会に向けて。
2010年10月26日 (火) | 編集 |
すぴの学校では、毎年11月に「図工展」と「学習発表会(学芸会みたいなもの)」が交互に行われます。

後期の大きな行事のひとつです。

今年は、学習発表会の年。



毎年6年生は、戦争をテーマに取り組みます。

先週、担任の先生から連絡がありました。

どんなかたちでなら、すぴが参加できるのかを考えたいが、みんなと一緒に練習に参加して、発表の場に立つのは難しいでしょうか…と。

正確には、「それが出来たらいいなとは思うが、難しいと思う。そこでお母さんと相談したい。」ということでした。

先生の言葉で、これまでの先生方が使ってこられた「相談」とは違うことがわかりました。こういう風に言ってもらえるようになったのが、ようやく「今」なんだなぁ。。。

これまでは、基本的に「みんなと同じこと」が「出来るか出来ないか」を確認され、「さあ、どうしますか?」と投げ掛けられるだけ…といっても過言ではなかった。。。

「やっと」かと思うと…なんとも複雑ではありますが、とにかくよかったことには違いない。

担任の先生は、すでに二つの参加の仕方を考えてくださっていました。

ひとつは、場面が変わるときなどにプログラムのような紙をめくる係。
もちろんせりふはなく、めくるときにステージの端に出てくる。のかな。

大事な役割だけど、人前に立つのはキツイだろうと。それにすぴとしては、与えられる役割として他の子たちとの違いを大きく感じるかもしれない。


そして、もうひとつは、劇の始まりのナレーション。
声のみの登場で、姿は出さなくてもいい。

万が一のために、前もっての録音も可能だろうし。

練習も家でできる。

みんなが取り組むことに近い役割で本人の満足度も得られるかも。



そんな相談をして、先生と「ナレーション」でのアプローチに決めました。そして、先生がすぴに話をしてくださいました。

先生は伝え方も考えてくださっていて、「この仕事を、すぴさんにお願いしたい」「練習は家でいいし、成果は電話で聞かせてくれたらいい」と、まずこの点をしっかり話してくださいました。


はじめは私のそばで話していたすぴが、電話の子機をもって違う部屋へむかったので途中からちょっとどんな感じなのかが把握しづらくなったのですが、「はい、はい」と聞いている感じでした。


話し終わると、私に子機を渡してまたテレビを見始めて。


電話をかわると、すぴは、「練習に出るのは無理。みんなの前でやるのは無理」といったそうです。でも。。。話を聞いて、「どうなるかわからないけど、まぁ、それならいいんじゃない。」と言ったとか。先生もうれしそうでした。

私は最近、ほんとに涙もろくて、まだなにも決まってないのに、思わずうるっ

声が震えちゃったんで、「なんかちょっときちゃいました」っていうと、「お母さん、まだ早いっすよ」って言われ。。。



そりゃーそーだ。



でも、すぴが「いいんじゃない」と言ったとかってことより、先生がこれまでの先生のように「お母さん、どうしましょうか?」とこちらに投げるのではなく、「こういうことを考えてみましたが、お母さんの意見を聞きたい。その上ですぴさんに話したい」と言ってくださったことがうれしかったんだo(^o^)o



不登校4年目でようやく、「こんな風にできたらいいのにな」と思っていたことが実現しています。
そして、それが出来たことで、すぴがそのことについて話を聞いて、考えることが出来ていると思っています。

ただ残念なのは、(想像だけれど)これまでのどちらかと言えばうまくいかなかった経過から学んで変化してきたというよりは、先生個人の考え方によるものじゃないかなということ。
先生によって認識が違うということが子供たちに及ぼす影響を、もっと深刻なことととらえてもらいたいものです。

6年になって担任になってもらった先生がこれまでとは違う風を吹かせてくれている。


いい風がすぴに届いて、


自分で決めたことを、


「わるくはなかったな」


といえたらいいなと思います。



それでもって、もし、もしか?、もしも?!、すぴのナレーションが聞けたら、そのときは号泣していいですよね、先生



maru-p.gif ランキングに参加しています★

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへkhana13-b.gif

拍手やランキング応援うれしいです。ありがとうございます
コメント
この記事へのコメント
ごめん…


はなさんより先に、すでにガオ(泣)入りましたぁ

いい風。

ビュンビュン吹いてほしいね~

ちなみに宮崎は、明後日ごろから、ビュンビュンよ~
2010/10/26(Tue) 21:44 | URL  | 上ちゃん #-[ 編集]
はい! もちろん号泣OKです。
バスタオルをご用意ください。www

先生もすぴちゃんも成長したって事ですね。
HANAさんが諦めずに耐えて耐えて努力してここまで来たんですね。
残念なのはあと半年行かないって事。

>ただ残念なのは、(想像だけれど)これまでのどちらかと言えばうまくいかなかった経過から学んで変化してきたというよりは、先生個人の考え方によるものじゃないかなということ。
先生によって認識が違うということが子供たちに及ぼす影響を、もっと深刻なことととらえてもらいたいものです。

本当にそうですね。
実感です。

すぴちゃん、ナレーター成功すると良いね。
そしたら又、修学旅行の時のように達成感を感じる事が出来るし自信にも繋がるし、小学校の良い思いでが又一つ増えるものね。

私もバスタオル用意して楽しみに報告待ってますよ!!
2010/10/26(Tue) 22:49 | URL  | エンジェルキャッチ #.X1nSIf.[ 編集]
ですね。
あたしもウルウルしちゃいました。

ここまでこれたのはやっぱりHANAさんの
がんばりがあったからなんじゃないかと思います。
どんな事があってもすぴちゃんのため!と
頑張ってこられたから今に結びついていると信じたいです。

先生によって考え方も様々で
この事に考えることも様々なのはやっぱり真実なのかもしれないけれど
親であるあたしたちがそこで負けてしまっていては
その先はなくなってしまいますもんね。
それを通したHANAさんの頑張りだと思っています。

どんな形であってもすぴちゃんのナレーション
体育館に響くといいですね♪
2010/10/26(Tue) 23:01 | URL  | いつママ #MDo56pwE[ 編集]
良い対応をしてくださる先生ですね。

ウサ子の担任のA先生も こんな感じですが、
ウサ子はもう高校生ですから 本人の意思を尊重しやすいと思います

すぴちゃんの先生は 小学6年生を相手に 人格の尊重を心がけていらっしゃる・・・
HANAさんの言うとおり 先生のお人柄なのでしょうねえ・・・・

教育の現場での教員の経験が 先生方全員の認識として共有されるといいのになあ。
ウサ子の学年の先生方を見回しても このような対応が出来る先生は 半数にとどまるかも・・・
絶対無理であろうと想像される方も ひとりいらっしゃいますi-230 




ナレーションでの参加は とても名案!!
きっと、実現しますよ!
あー、考えただけで 私もウルウル~e-330

2010/10/27(Wed) 08:55 | URL  | トドクマ #-[ 編集]
上ちゃんへ
どんどんガオガオ泣いちゃって~

ウー君、親孝行だよね!
文化センターも行くと? 懐かしいわぁ。
でも上ちゃん、卒業式、どんだけ泣くのかな?!v-391

なんか急にさみぃなったよぉ(>_<)
2010/10/27(Wed) 10:24 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
エンジェルキャッチさんへ
先生は、「いまだに手探り状態でスミマセン」と謙虚に言われていますが、すぴと色々話したり、私に様子を聞いてくださったり、そういう中からどういう関わり方をしたらいいかを考えてくださっているみたいです。
センスのいい先生なんでしょうね。5年から受け持ってもらえてたらよかったなぁ。

でも、すぴも5年生でほとんど動きがなかったのに、ちょこちょこと頑張りを見せてくれていて、子供ってすごいなぁ…って思います。こだわりや不安もあるのに、まだまだ柔軟性がありますよね。

そう、すぴはナレーターは嫌いじゃないと思うんです。
人前でやったことはないけど、家ではテレビとかのをよくマネてます(笑)
出来たらいいなぁ。

2010/10/27(Wed) 10:32 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
いつママさんへ
> あたしもウルウルしちゃいました。

いつママさん、まだ早いですよ(笑)
いやいや、ありがとうございます。

実は私はあまり頑張れない人なので他のお母さんたちはすごいなぁって思います。
でも、気持ちがぶれないことは自分の支えにもなるし、伝わる人には伝わるのかもしれないですね。

こういう風に先生が関わってくださったことは、すぴのこれからの人生に大きな力をくれると信じてます。

ナレーションが出来たら、小学校生活の大きな思い出になりますよね。
2010/10/27(Wed) 10:38 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
トドクマさんへ
> 教育の現場での教員の経験が 先生方全員の認識として共有されるといいのになあ。

これですよね。
こんなにも出来ないものなの?って思うけど現実ですね。
夏に行った特別支援の講演会でも講師の方が言われていたんですけど、支援学校や支援級でさえ、年度が替わるたび、先生が変わるたびにイチからスタートというか、やり直しというのが多いみたいです。
それを解決するために、データ化して(習熟度や特性、うまくいった関わりなど)しっかり引き継ぎできるようにソフトの開発がされているとか。

ぜひ通常学級でも導入して欲しいなって思いました。


> ナレーションでの参加は とても名案!!

ですよね!
そう言ってもらえてますます楽しみになりました(^^)/~~~
ありがとう、トドクマさーん!!
2010/10/27(Wed) 10:46 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
うんうん。号泣よ。もちろん!

ナレーターはとても合っているような気がする。たぶん声優のようなアフレコもうまいと思う。

「殻を割らなければオムレツはできない」

先日見た引きこもりの女性の映画で出てきた言葉。殻を割るのは自分だけ。すぴちゃん頑張ってお母さんを泣かせろ~w
2010/10/27(Wed) 23:36 | URL  | ミリわん #r.rF7prM[ 編集]
いいですよ~
 HANAさん、鼻水たらして号泣しても良いです。茶目太が拭いたるぅ~ぐしゅぐしゅ。茶目太も号泣。
2010/10/28(Thu) 22:07 | URL  | 茶目太 #-[ 編集]
おはよー^^朝からうるうるきちゃいました。でも朝からとってもHAPPYなお話が聞けて今日も頑張れそうです^^
すぴちゃんのナレーター!!なんて素敵v-22想像しただけでわくわくしちゃう^^すぴちゃんのちょっと恥ずかしそうなでもでも「私だけの仕事!」という 自信を持った晴々しい顔・・・そういう気持ちにそういう風になってくれたらいいな~と思わせられるこの時間・・ちょっと素敵だと思わない?それだけでも神様ありがとう^^だね^^さて、私も過去に負けてられない!病気がこれ以上再発しないように 頑張る・・・てことはないけどww適当に仕事いってきましょ^^
2010/10/29(Fri) 07:34 | URL  | よよ #-[ 編集]
ミリわんさんへ
> うんうん。号泣よ。もちろん!

では、遠慮なく(笑)泣けますように(^^)/~~~

ナレーションとかアフレコの真似事は上手なんですよー。
「声優をめざしたら」とすすめたくらいです。

「ひとつの変化は次の変化を生む。そして次々と変化の波を起こす。だけど最初の一歩だけは、どんなにあがいても自分で起こすしかない」…通級指導がある学校の学校便りに校長先生が書かれていました。トイレに貼ってるんです。すぴにそういうイメージが湧くといいなぁと思って。。。

> 「殻を割らなければオムレツはできない」

この言葉も、イメージしやすいですね♪貼っておこう!!トイレに(これ大事 笑)
ありがとうございます(*^_^*)
2010/10/29(Fri) 10:16 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
茶目太さんへ
>  HANAさん、鼻水たらして号泣しても良いです。茶目太が拭いたるぅ~

さすがに鼻水拭いて~とはお願いできないけど(笑)、うれしいです、茶目太さん。

まぁ、まだどうなるか分かりませんが、すぴ兄に「先生にお願いされちゃってさー」ってナレーションのことを話してました(^^)/~~~うれしかったのかな。ですよね。

うまく言ったら、報告する前にバスタオル送りましょうかね~
2010/10/29(Fri) 10:19 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
よよへ
おはよー(^^)/~~~

お仕事前にコメしてくれたの~?ありがとう。
うん、「私だけの仕事」達成できたら大きな自信だよね。
いま、想像してみるだけでもほんとに素晴らしいと思うよ。

よよが、こんな風に一緒に喜んでくれて「うまくいく!」って気持ちになってきた!
ありがとうね。

過去のこと、病気のこと、よよの気持ちを想像してみることがあるんだけど、ただただ辛くて悲しい。
よよが、頑張り屋さんなだけに無理しすぎるんじゃないかなって心配になる。
でも、よよはすごいよ。一生懸命生きてるもん。
とっておきの「しあわせ」をつかむため。。。
ただただ平穏な毎日を送るためにだよね。

私も願ってるからね!
「応援してる」から(^^)/~~~

2010/10/29(Fri) 10:30 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
よかったね
みんなと同じことに参加できる場所を一緒に考えてもらえて、本当によかったとお~い田舎から言うのもなんなんですが、一緒に見に行きたいくらいだょ先生とはなとすぴちゃんの思いが一つに なれて 嬉しい限りです
応援してるよ
いっしょに取り組める前進に乾杯
2010/10/30(Sat) 17:28 | URL  | なお #-[ 編集]
今号泣だよ~はなが 私の事一生懸命考えてくれてて・・・花のほうが辛いこと多いのに・・・ごめんね。心配ばかりかけて。でもね、私ひとりじゃ~ 乗り越えれないの・・・ここに書かせてもらうこと許してね。
2010/10/31(Sun) 12:32 | URL  | よよ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/31(Sun) 17:01 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/01(Mon) 00:10 |   |  #[ 編集]
なおへ
> よかったね

うん、ありがとう♪

ただ今回早目に話が出た分、気持ちがどこまで持つかが危うくなってる~ぅ。
でも、こういうちゃんとした関わりは残るよね。

ナレーションは似合ってると思うんだぁ(^^)/
わかるでしょ?(笑)
2010/11/01(Mon) 11:18 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
鍵コメさんへ
「先生によって支援がまちまちで。。。」

これってほんとに、子供の一日一日を考えるとこんな事で時間や労力を取られたくないって思うよね。
その子だけ、クラスだけ…の問題として狭いところで考えずに、学年全体、学校全体で体制を整えることは先生方にとっても支援しやすいと思うんだけど。。。ねぇ。。。

すぴのような子供たちも、ゆっくりだったり、他の子とペースは違っても着実に成長していくんだものね。
急に成長を感じることってあるけれど、最近のすぴは大人になったように感じてる。
その分、自分の世界によりこもっているようにも見えるかな。。。
でも、どんなこともずーっとおんなじじゃないもんね。
変化はある!(^^)/

「西の魔女…」は、原作をちょっとしたきっかけで読んで、映画化された時に、迷いながらもすぴを誘って見に行きました。当たりです!彼女の好きな世界でした。
映画を見てずいぶんたった今も、思い出してはベランダからハーブの葉をとってきてハーブティーを入れてくれるし、裁縫をやるときもそんな話がでます。
ジャムを作りたがるのも影響のひとつかしら(笑)
現代人の生き方とはずれるかもしれないけれど、そんなところに魅力を感じるんだろうね。

なんだかうれしいな。
すぴの世界を「こんな感じなのかな」って思ってくれる人がいて。。。
あぁ、ほんとにうれしいです。ありがとう。
2010/11/01(Mon) 11:33 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
よよへ
うん、うん。ひとりじゃ乗り越えられないよね。

よよの望む生き方が実現できるときがくるといいね(*^_^*)

2010/11/01(Mon) 11:36 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。