日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すぴの登校状況【登校を渋り始めた頃】
2008年12月15日 (月) | 編集 |
すぴは3年生になった5月頃から学校へ行きたがらなくなりました。
急に青い顔をしてお腹が痛い、気持ち悪い、足が痛いなどと、いろんな身体症状がでていました。
登校をしぶりはじめたのには、きっかけになるような出来事があったのですが、それはまた別の機会に触れようと思います。


それでも、
3年生の前期(10月始めまで)は、なんとか「時々」や「ちょっとだけ」は登校していました。
例えば、受けたい授業だけ…や、社会科見学・遠足などの行事です。
すぴの学校は9月に運動会があるのですが、これには絶対出たい!と言っていました。
このころは、その「行きたい時だけ行く」をとまどいなくやっていて、運動会の練習には必ず参加し、満足して運動会を終えました。

そんなすぴを見ながら、運動会後はどうなるの?…という不安を抱えていたのですが、見事的中…。
パッタリと登校しなくなりました。
運動会が終わるとまもなく前期が終了します。
先生方は、このまま前期を終えてしまうと、後期も登校できない…と判断されたようでした。

電話などで何とか登校できないかとお話しをしてくださるのですが、すぴはイヤがって先生からの電話に出なくなってしまいました。

また、「顔を見るだけでも…」と自宅に来てくださるのですが、
もちろんそうはいかず…「先生と一緒に学校へ行こう!」という話になりますから、すぴはますますイヤがりました。

私としても、学校へ行けるようになって欲しい(すぴもそう望んでいましたから)と思いながらも、このような対応で、後期へつながる登校ができるのかなーと内心思ったり…。

結局うまくいかないまま後期にはいりましたが、このあたりからは、ほとんど登校しなくなりました。
「行きたい時だけ行く」というのは、お友達の視線などから、まずいのかな~と感じていたのか…社会科見学などにも行かなくなりました。

いろんな身体症状を訴えていたこともあり、
私もあまり背中を押すことなく、
とにかく彼女に寄り添い受け入れよう…理解しようと努めはじめたのでした。



HANAclover


今日は、昨日の宣言?!どおりに、
昼休みに登校しました。
あと2個でスタンプがいっぱいになるのです。
先生も忙しい時間ですから、
すぴにかまってばかりはいられません。
なんだかんだで、私は寒い廊下でずい分待ちました。
冷えて…ブルブルのところに、すぴが悪態つくので、
ただいま冷戦状態デス


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。