日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやく?サポート会議。
2010年07月15日 (木) | 編集 |
先週の金曜日はスクールカウンセラー(SC)さんとの面談でした。

まずは、「急に適応指導教室へ足を運んだのは、なにかきっかけがあったのですか?」というSCさんの問いから始まり、実は…とすぴの心の叫びのこと、そして、そこからまずは適応指導教室へ行こうという気持ちになったことを話して。。。


SCさんとも、すぴの気持ちを再確認して、ずいぶんと成長しましたよね…というお話をしました。


そして、さっき聞いたのですが…と、

「すぴちゃんと今後どう関わっていくかということで、今日サポート会議があるそうです」と。

SCさんは、サポート会議のときに、「すぴちゃんが安心して学校に足を運び、学校で過ごすには、信頼できる人と場所が必要です」ということを話しておきますと言ってくださいました。



今年度に入って3ヶ月が過ぎ、もう夏休みも直前。
三学期制なら、一学期の終わりですが…今、やっと。。。サポート会議。

こののんびりさはなんでしょう。(私もかなりのんびり屋だけど ^_^;)
忙しいという言葉は、実は聞きたくないけど、一番は担任の多忙なのかな。
今年は、出張が多いとか、一年間実習生の教育担当をされてるみたいだし。
6年生自体が行事に追われて忙しいし。

その中で、日光への参加方法を模索してくださったことは、とてもありがたかった。
先生も忙しい時間を割いて、知恵を絞ってくださったんでしょうから。



で、月曜日。
すぴの三者面談でした。

本人は「行かない」ということで、二者面談となりました。

話は、そのサポート会議のことで。


☆昨年度のような家庭訪問は今年度は難しい。

☆今年度は、すぴが学校に安心して足を運べる環境を整えるようにして、すぴの気持ちが学校に向くようなサポートを考えたい。

☆夏休み前のSC来校日に、SCに付き添ってもらい、一時間でも授業を廊下で受けてみるという取り組みをやってみたい。


というお話がありました。


担任の先生、とてもお話が上手なんです。
子ども達に好かれるのも分かる気がする。
でも、相手の話をじっくり聞くのはあまり得意ではないのか…なんか私、ほとんどしゃべれなかったんですけど~。

「あぁで、こうでと考えてますんで。。。いいっすかね?」みたいな。

私が話すと、途中で「あぁ、ですよね…」「はいはい。それでですね…」と。
私、そんなに話しは長くないと思うんですけどねぇ。



ちょっと脱線しますが、すぴ兄の2年、3年のときの担任は、肝っ玉母さんって雰囲気の先生だったんです。
子供にも親にもとっても人気があって、特に保護者会で語られる子供たちの話はとても楽しくて毎回盛況でした。

すぴ兄が2年の時に、すぴが一週間ほど入院したことがあって、担任に「私が家にいないので、近所の家にお世話になったり、ひとりで過ごす時間が多く心配なんですが、こういう事情なんで…」と連絡したときに、「わかった。お母さん、学校でもちゃんと見ておくからね。安心して。彼なら大丈夫」といってもらったんですね。

退院の報告をしたときには、「ちょっと不安定かなってところもあったけど、大丈夫だった。頑張ってたよ!」と言ってもらいました。

なんだろうなぁ、親って、特に母親ってどうしても心配してしまうことって多くて、でも、「その心配は必要ないよ」とか「その件はこちらも注意しておくよ」とか、そういう風に先生に言ってもらえると、それだけで安心できる親も多いと思うんですよね。

でも、実際は「子供には心配はつきもので…」とか「あぁ、そうですかぁ。。。。。。。それで、どうして欲しいってことですか?」という対応をされることが多くて、「ちゃんと聞いてもらえなかった」と不満を募らせてしまうんじゃないかなぁ。


えーっと。
話を戻して。


その、

☆夏休み前のSC来校日に、SCに付き添ってもらい、一時間でも授業を廊下で受けてみるという取り組みをやってみたい。

が、明日なんです。

すぴには、火曜日に担任から説明があって、クラス、学年の子供たちにも話しておくから…。社会の授業、見に来てよ!というお誘いが。

でも。きっぱり断られてしまって、電話をかわった私に「お聞きの通り、拒否されました。。。」と落胆の声が。

先生もキツイよなぁ。申し訳ない。

先生には「でも、意外とちゃんと聞いてましたよね」と慰めてみたりして(^^)/

前向きな先生は、「そうですね。前は会話もしてもらえなかったんで」と。

ほんと、お気の毒なこと多数。。。

最近、ちょっと会話になってるかな?と感じてもらえるようになったらしく、そこにかすかな期待を持って、「来れるといいですね」「行けるといいですね」と電話を終えました。


今のところ、その気はないと断言していますが、また今日あたりお誘いの電話があるかな。
私も、うまく促せるようにしたいけど、さてどうしようかな。



2010070810200000.jpg
ベランダのミニトマト。この色って元気がでる色です♪
奥には、一輪車が。すぴ、意外にも一輪車上手なんですヨ~(*^_^*)



maru-p.gif ランキングに参加しています★

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへkhana13-b.gif

コメント
この記事へのコメント
学校生活は担任のチカラがとても大きい・・・先生!そこを本当に解って~ほぼ先生次第なの!生徒間でなにかあっても担任の配慮にどうにでも変われるんだから。

すぴちゃん運動神経いいもんね・・・私2輪(自転車も乗れないよ)
2010/07/15(Thu) 21:38 | URL  | ミリわん #r.rF7prM[ 編集]
SCさんのおっしゃった「すぴちゃんが安心して学校に足を運び、学校で過ごすには、信頼できる人と場所が必要です」

これなんですよね、大切な事は。

すぴちゃんも、次男も何でも出来て、気が強くて…なんて外見からは思われがちだけど、内心不安で不安で自信がなくて…
損するタイプですよね。
その辺を先生が分かってくれて受け止めてくれて大丈夫だよって言ってくれるだけでかなり気持ちが楽になるのになぁ~

先生方も余裕がないのでしょうが、ケース会議ちょっと遅すぎますよね。
先生の事情がどうであれ、すぴちゃんには関係のないこと。
放っておかれているような気分になるんじゃないのかなぁ?
せっかく気持ちに変化が見られている時なんだから、タイミングを逃さないで欲しいですね。
2010/07/15(Thu) 21:54 | URL  | エンジェルキャッチ #.X1nSIf.[ 編集]
ミリわんさんへ
同じ問題が起きても、クラスによっては大変な事態になったり、うまく収まったり、ほんとに担任の先生で全然違いますよね。

皮肉なことに、すぴ兄の担任をすぴは大好きで、「すぴ兄がお世話になってます」ってあいさつしていたらしいです。「私の担任になって」って思っていたのかも(^^)/

> すぴちゃん運動神経いいもんね・・・私2輪(自転車も乗れないよ)

一輪車は、乗れるまで毎日練習したんです。
すごかったですね。
転んでも、ケガしてもあきらめない(>_<)
ここまでやれる力と、そうじゃないところのこの差は、正直いまだに分かりきれません。むじゅかしい。。。
2010/07/16(Fri) 08:09 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
エンジェルキャッチさんへ
大きな不安を抱えてどうしようもなくなっていたり、思いがけず「あの不安はどこにいった?」という行動をとったりと…なかなか理解してもらえないですよね。うちなんて、家族間でもまだまだだし。。。

でも、関わっていくうちに見えてくるものってあるし。
「なにが不安なんだ」とか「なんであんなことするのか」じゃなく、もっと関心を持って欲しい。優しいところ、いいところ…いっぱい見つけてあげたいですよね。
そこを見つけてもらうと「この人わかる人だ」って思えてくるし、関係がうまくいくともっと見えてくる。お互いにわかり合える。と思うんですけどね。

次男君は、自分でも頑張って工夫して努力しているから、ちゃんと見て、気づいて欲しいですね。

2010/07/16(Fri) 08:17 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。