日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通級でのすぴ・4
2009年01月08日 (木) | 編集 |
2008年9月。
初めての通級の日。

私は、入学したばかりの一年生を送り出すような想いでした。
すぴ自身も、上履きはどこに入れるの?などと…ちょっとおどおどしながら質問。
とはいえ、期待の通級。
すぴは割りとスムーズに「いってきまーす」と先生の後をついていきました。
先生にお願いし、車に乗るとちょっと泣けてきました。
通級だけは、なんとかして続けていこうね…とただただそう願いました。

家にもどってからも、だいたいのスケジュール表をみながら、初めてだから自己紹介でもするのかな…とか、気分が悪くなっていないかな…など、あれこれ考えて過ごしました。

終わる時間に迎えにいくと、案外穏やかな顔で出てきました。
「初めてで疲れたと思いますが、みんなのやることを良く見て、みんなと一緒に良く頑張って活動していました」の言葉をもらい、ホッ…。
先生やお友達に、「じゃあねー」「さようならー」とすぴ。
学年は違いましたが、同じ学校で顔を知っているお子さんがいたのはすぴにとって気持ち的に安心だったかなぁと思います。


車に乗ると…。

☆楽しかったといえば楽しかった…?。
☆疲れたぁ…。
☆一人同じ学年の女の子がいた。
☆自分と同じで学校へ行けない子がいた。
☆みんなの前では緊張して話せない子がいた。
☆先生に初めての通級とは思えないくらい、いろんな事が良くできたと誉められた。
☆給食の時に、U先生の隣で食べられてうれしかった。


などとガーっと一気にしゃべり、とにかく「疲れた~」を連発していました。

自分と同じように、学校へ行っていないお友達がいた…というのはすぴの話し振りで察するところ、「学校へ行けないのは私だけじゃなかったんだ…そういう子もいるんだぁ」と…少しホッとしているかな?…と、そんな風に思えました。
朝から、集団に入れずにずっと泣いていたお友達もいたらしく、U先生に「あの子はどうしたの?」とたずねて、お友達のことを教えてもらったりしたようです。
普通学級にいると、「自分だけが…うまくいかない、出来ない。自信がない」とそんな思いを感じていたかもしれませんが、通級に行って、いろんな大変さや難しさを持っているお友達がいるのだなぁ…と感じているようでした。


余程疲れたらしく、家に帰ると、コテッ…とねてしまったすぴ。
お友達のことは、あれやこれやと話してくれましたが、その日にやったことなどについては話してくれませんでした。
きっと、「いやだなぁ…」「やりたくないなぁ…」ということもあったのでしょうし、翌週の通級…どうなるのかなーと不安な思いでした。

HANA芽


今日で冬休みは終わり。
明日は、早速通常通りの授業です。
すぴの兄はギリギリまで宿題におおわらわ汗とか
すぴは…というと、
「今日で冬休みも終わりだし、色々頑張ったってことでー、ごほうびに
アイスクリーム食べに行こーよーpandawarai01」。
するとすかさず、兄に→「おめー何頑張ったんだよ?!オレいらないわ」と言われちゃいました。
「ふん!頑張ったもーん・・・」(手や足が出なくてホッ…)。
まぁ、算数のプリントもちょこっとやったし、書初めを書いたし(パチパチー)
お手伝い表もしっかり書き込んだなぁ…3年生の冬休みとは大違いよね!ってことで、アイス食べてきました。
「この寒いのにアイスなんてママは食べないよ」って言っていた私でしたが、誘惑に負けて、ついついご注文てへ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。