日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ママ、すぴはかごの鳥みたい」・2
2008年12月28日 (日) | 編集 |
「○組の先生の算数の授業がとても楽しい!」といっていたすぴでしたが、「保健室へ行かせて欲しい」のやり取りがうまくいかず、また一週間ほど全く登校できませんでした。

それでも、頑張って受けてきた算数の勉強をしたいという思いもあり、担任の先生と相談して、少人数クラスを変更することになりました。
すぴの学年は3クラス。少人数算数は4クラスに分けて授業をします。
その中でも、一番人数が少なく、丁寧にみてもらえるクラスに変えてもらい、久しぶりに授業を受けました。

☆一日目…「なんとかやっていけるかも…」。
☆そして二日目…。
宿題が出ていたようで、出掛ける前にプリントをやったのです。
テーブルに置きっぱなしになっていたので、忘れないかな…と気にはなっていたのですが、すぴも分かっているかもしれない…と思い、ぎりぎりになって忘れていたら声を掛けようと考えていました。
が…。
結果的に、すぴも忘れ…私も声を掛けるのを忘れてしまうという…ことに。

その日も算数の授業だけを受けに行き、帰宅途中に「宿題を忘れてしまった」という話になりました。

今度のクラスの先生も、すぴの担任ではありません。
授業の最後に、「忘れたプリントは月曜日に必ず持ってきてください。」と言われたようです。
毎日学校へ行けないすぴは、先生に「月曜日来られるかどうかわからないんですけど…」と…。
そんなこと、今から言わなくても、月曜がダメなら、次に授業に出られるときに持っていけばいいことな訳ですが、そんな訳にはいかないのが〈すぴの難しさ〉。

月曜日と言われたら、月曜日でなくてはならないのです。

そういう難しさも担任の先生にはお話ししてあるものの、他のクラスの先生には伝わっていなかった訳です。

ですから、その先生は「月曜日に必ず持ってきてね。でないと許さないわよ」と答えられました。

「許さないわよ」のおまけの言葉まで貰ってしまい…もう大変なすぴ。

帰宅途中から家に着いても、ずーっと言っています。

「どうしよう…ママ、月曜日に持っていかないと許さないわよって?!」
「月曜日行けるかな?ねー行ける?すぴ行けるかな?行けなかったらどうする?ねーねー」

それはそれは大騒ぎとなりました。
こうなると…どんな言葉掛けもうまくいきません。
金曜日でしたので、こんな状態では週末も落ち着かないと思い、「放課後にプリントを持っていこうか?」と提案したところ「そうする!」。

というわけで、二人で放課後の学校へ行き、その先生に…

すぴが先生の言葉を〈どう捉えて〉〈どんな状態になったか〉をお伝えしました。
「そんな訳で、突然ですが、今日のうちにプリントを持ってきたのです」と…。

先生は、驚かれていたようでした…。

「次に出席できる時でいいのよ。」
「月曜日に持ってこられないからといって、教室にいれないとか、授業を受けさせないってこともないのよ」

と…すぴに説明してくださいました。
先生ご本人にそう話していただいて、ようやく安心したようで、少しずつ落ち着いてきました。

そうして私にも…。

「すぴちゃんが、そんな風に捉えていたとは思いもしませんでした。」
「ですが、皆と授業を受ける以上、特別扱いはできません。」と。

私は〈特別扱い〉をして欲しくて事情を説明したわけではありません。
「すぴちゃんは宿題はしなくていいよ」とか「好きなときに持ってくればいいよ」ということにして欲しい…そんなことをお願いしているわけではありません。

〈○曜日〉とか〈明日〉と、細かく指示しなければ持って来ない子供もいるのでしょう。
ですが、授業のあとちょっと呼ぶなどして、〈ひと言付け加える〉などのフォローをしてもらえたら助かる…とそういうお話をしたかったのです。

「○曜日といったけれど、どうしても来られないときは、次に受けるときに忘れずにね」

といったひと言で、すぴはパニックにならずに済んだのではないかと…。

そんなことをお話して、帰る頃には、先生からも「まさか、すぴちゃんがそんな風にとらえて、どうしよう…と困っているとは思わなかった。これからはフォローして、説明をつけ加えることをしていきます」と言っていただきました。

すぴは、学校ではパニックになったりはしません。暴れたり、叫んだり、大泣きすることはないのです。
いかにも〈大丈夫です〉〈平気です〉という風に振る舞ってしまう…。
ですから、先生には分からない…。
でも、その〈大丈夫〉〈平気です〉は、どうやら、そのままには受け取れないこともある…と知ってもらえたらいいなぁと思います。

せめて、学校ですぴに直接関わってくださる先生方には、知っておいていただきたい…そう思いました。
それが〈当然なのでは〉と思っていた私は、こんなに難しいことなのかと思い知る出来事でした。

そんなことを思いながら、すぴと家に戻る途中…

「ママ…月曜日って言われても、絶対月曜日じゃなくてもいいんだね…。」
「許さないわよっていうのは、すっごいぼこぼこにされて怒られたりするってことじゃないんだね…。」
「みんなはちゃんと分かるのに、すぴは、どうしていつもそんな風に間違ってとっちゃうのかな…」
とつぶやきました。


HANAclover


今日は、大掃除のようなこと?をしました。
すぴは、お風呂・トイレ・窓拭き・玄関の掃除など
たーくさんお手伝いをしてくれましたにこり
お手伝いをすると、スタンプを押してもらえます。
いっぱいたまると、ごほうびがあるのです。
今日は、全部で5個も押してもらえました肉球
よく頑張ったすぴですうさちゃん


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。