日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
へそこちゃん、すぴが不安定なんです。
2009年05月07日 (木) | 編集 |
ご訪問ありがとうございますクローバー

3年生から普通に学校に通えなくなったすぴ。
あれから二年経って、この春5年生に進級しました。
通級の先生の「登校大作戦」で、登校を支えてもらいながら、復帰をめざす現在です。


連休も終わり、学校が始まる…となってから、どうにもこうにも不安定なすぴです。

「ママ!」「はなちゃん!」「はな!」と、一日何回呼ばれているのか?

おまけに呼び捨ては禁止といっているのに(>_<)

心が落ち着かないためか、体調不良も訴えていて…絶対熱があるはず!めまいがする…と次から次からでてきます。

「どうしたらいいのぼたぼた

どうして欲しいのかな…。

ただただ、そばにいて聞いていてあげたらいいのかな…。

よしよしって頭をなでて、むぎゅってしてあげたらいいのかな…。

「なんとかして絵文字名を入力してください

と、言われるときが一番しんどい…。

fila2.gif

そんな時、たまに出てきてくれるのが「へそこちゃん」です。

すぴが少し落ち着いて、余裕が出てきたようなときは、「へそこちゃん」に話を聞くことができます。

へそこちゃんは、すぴのおへそに住んでいて、おへそを「ピンポーン」といいながら押すと、「ハーイ」と出てきてくれます。

出てくると、すぴは、へそこちゃんになって話しだします。

(おばあちゃん…な話し方で)


すぴがいうには、

へそこちゃんは、265歳。

家族はもうみんな死んでしまって、ひとりぼっち。

すぴのことをいろいろ知っていて、優しいおばあちゃん。

裁縫や、お料理が得意で、最近は医学にも詳しい。

髪は緑色。染めているのではなくて初めからその色をしている。


昨夜、その「へそこちゃん」に「すぴが大変なんだ」と伝えました。

そうすると、へそこちゃんは検索をします。

「カチャカチャカチャ…」と。

検索したところ、「すぴちゃんは、謎なぞナゾストレスで、とっても大変な状態よ」と教えてくれました。

「明日から学校が始まるってことも関係している?」と聞くと、「それも確かにあるわね」とのこと。

そして、「出来るだけリラックスできる時間をとってあげて。ハーブティーを飲むのもいいでしょう。ベランダのレモンバームは、心を落ち着けるのにいいハーブだから、それでお茶を入れてあげて。それから、朝、できるだけ早い時間に、ベランダでおひさまの光を浴びてね。体調や気分がよければ、勉強をしたほうがいいわよ。ずっとやらないでいると、出来なくなるから。いっぱい甘えないといけないから、たっぷり甘えさせてあげてね…。じゃあ、なにかあったらまた呼んでちょうだいね。ガッチャ。(ドアを閉めて帰る)」



こうやって、へそこちゃんが話したあと、すぴが「へそこちゃん、なんて言ってた?」と聞くので、私はへそこちゃんの話を伝えます。

今日も、こうやって「へそこちゃん」に登場してもらい…(すぴが、呼んでみてと言うので^_^;)、ストレス度を測ってもらったり、アドバイスをもらったり…。

そんなこんな…な一日でした>v<


ところで、今、こうして書きながら思ったことが。。。。。

連休が終わって、学校が始まったことも確かにあるでしょうし…なんとなく体調もすぐれないのかもしれないし…。

あと。。。。。。。

もしかして!?

土曜日に、私が出掛けるからだったりして?

私のお出掛けは、門番であるすぴのお許しが必要ぽ

何ヶ月も前に、「これだけは行かせて」とお願いしてあるコンサート音符なんですけど。

今日は、何度か「ママ、土曜日お出掛けなんでしょ」って言っていたよなぁ…。

なんだか、すっごく心配になってきた(T_T)/~~~



HANAflower



pk-rain-w.gif★ランキングに参加しています★★よろしかったらポチっとお願いします★
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村へkhana13-b.gif
                    人気ブログランキングへ
                     ↑人気ブログランキングへkhana13-b.gif

コメント
この記事へのコメント
はじめまして。いつも拝見させていただいてます。わたしの4年生の息子は広汎性発達障害です。3年生の2学期まで普通級に通っていましたが、勉強もついていけなくなり、友達もほどんどおらず、学校に行きたがらなくなりました。
「子供がこわい」と恐怖症みたいになり、これはマズイと思い、引越しを機会に転校し、特別支援
学級にいれました。ネットで調べて主人の会社にも近くて人数も28人位と多く、支援級のなかでもレベルの高い小学校をみつけて、現在その学校に通っています。最初は戸惑っていましたが、今はすっかり慣れてお友達もでき、元気に通っています。すぴちゃんの住んでる地域には、そういう特別支援級ないのでしょうか?
すぴちゃんの状況が前の息子の「子供恐怖症」みたいな感じがするので、いつもブログを拝見して心配です・・・。
2009/05/07(Thu) 23:44 | URL  | マダム金魚 #-[ 編集]
うちの夢リンも明日から学校という休日最後の夜には
必ずといっていい程体調不良を訴えていましたね。
夢リンにとっても小学校は楽しい事もあるけど
不安や恐怖も沢山ある場所だったと思います。
私にも夢リンの不安はヒシヒシと伝わっていましたが
頑張れと言う事と家では好きにさせてあげる事しかできませんでしたね~。
すぴちゃんの不安定さは学校に行かなきゃと思うのに
行けない自分に対する心の葛藤でしょうか?
何とか足が学校もしくはそれに代わる物に
向かないと、本人もお母さんもしんどいだろうなと思いますね。









2009/05/08(Fri) 12:29 | URL  | 高橋 #-[ 編集]
マダム金魚さんへ
マダム金魚さん、はじめまして。
いつもお越しくださってありがとうございます。
先日は、マダム金魚さんが記事を書いていらっしゃいましたね。私もお邪魔させてもらっています。コメントくださってありがとうございました。
「子供恐怖症」というものがあるんですね…。
息子さんにとって、お引越し、転校、支援学級へとすすんだことが、いい方向へむいたのですね。お子さんが元気で学校に通えるのは、なによりです。

もし、すぴの通う学校に支援学級があったら、私は、支援級に入ることを検討したと思います。今も、考えない訳ではないのですが、市内の小学校で支援級があるのは二校。どちらも知的障害学級で、情緒障害の固定級がないんです。情緒障害の子供たちは、普通学級に在籍し、必要ならば通級指導学級に通っている…という状況です。すぴが、転校などはイヤだといっていることもあって、近隣の市の状況は調べていないのですが…。
ただ、最近小耳にはさんだところでは、中学校に情緒障害学級が新設されるかも…という話があるようなんです。そうなると、選択肢のひとつとして考えられるので、ぜひ実現するといいなぁと思っています。
「子供恐怖症」というのは、同年代に関わらず、小さいお子さんでも恐怖感を感じるのでしょうか。すぴの恐怖感や不安は、常に感じるのですが、同じものにいつも感じるということでもなく…なかなか難しく感じます。ただ学校では、顔つきが変わるので何かしらのイヤな感じがするのだと思うんですけど…。
よろしければ、また何か気づかれたことやアドバイスなどがあったら聞かせてもらえるとうれしいですv-353

2009/05/08(Fri) 22:54 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
高橋さんへ
問題なく学校に通える子供たちでも、休み明けは不安定になることもあるのだと思うと、夢リンちゃんやすぴなどは、すぐに身体的症状がでたり、不安も大きいはずですよね。
母親って、本当にヒシヒシと感じとってしまうじゃないですか…。
かといって出来ることは多くないですし。
私も、家ではリラックスさせてあげたい…笑わせたい…と、それくらいしか出来ません。

すぴの心の葛藤がなかなか分からないんですよね。
もちろん学校に行けない自分に対する気持ちもあると思います。頭の中は、常にいろんなことを考えているのでしょうが…うまくまとまらない、なんだか分からない…でも、それじゃいけない…。そういう複雑な感情があるようにも思えます。

私は、今は、学校に行くことだけが全てではないのかなぁと思っていて…。でも、学校、通級、教育相談室…すべてが同じ方向をむくのは難しいですね。
でも、感じた思いや、考えはしっかり伝えていって、すぴも私も、しんどくない方向を見つけていきたいです。だって、私たちにとっては今だけの問題じゃないですもんね。心身ともに疲れ切ってしまいたくはないんだなぁ…って思いますe-441

2009/05/08(Fri) 23:06 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。