日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
支援員をつけて欲しい。
2009年04月28日 (火) | 編集 |
ご訪問ありがとうございますクローバー

3年生から普通に学校に通えなくなったすぴ。
あれから二年経って、この春5年生に進級しました。
通級の「登校大作戦」で、登校を支えてもらいながら、復帰をめざす現在です。


【すぴ小5】

新学期が始まり、もう4月も終わろうとしていますね☆
すぴの登校は、5日間で止まっていますが、それでもよく登校できたなぁって思いますグー!

futaba_300.gif
新学期が始まってすぐに、新しい担任の先生とお話をしてきました。

ほとんどが、先生がすぴについて知りたいことを質問される…という形でしたが、先生は要点を掴んでテキパキと尋ねられ、とても話しやすい印象でした。

最後に、「学校への要望があれば…」と尋ねられました。

これまで、学校側としては出来ることをしてきた…という思いのはず。色々言いたいことはありますが、まずそのことに対してのお礼を言った上で、「ひとつだけ…」と前置きし、「支援員をつけてもらいたい」とお願いしました。

もちろん担任の先生が答えられるはずもなく、「お母さんのお話は上の方に伝えておきます」という返事でした。

実は、通級のU先生は、「登校大作戦」を試みるにあたって、「支援員をつけてもらうのがベスト」という話を学校にされたようでした。
その当時は、まだ前任の校長先生のお考えになるのかな?と思われますが、それは難しいという返事だったようです。

それで仕方なく、通級の先生が3日間でしたが、数時間すぴについていてくださいました。

その三日間、すぴは大きな安心感をもって学校で過ごすことができました。

特に、手助けを必要とする場面はなかったようですが、新学期が始まったばかりで、授業よりは、席替えや身体測定などが多く、すぴにとっても過ごしやすかったはずです。

でも本格的に授業が進みはじめ、付き添いの先生もいなくなり、まずそれだけで「無理」となってしまいました。

fila2.gif

すぴが言うには、「学校にママがいたらいい」といいます>v<

そして、「それが無理なら、誰か、保護者のような人についていて欲しい」と。
今のすぴには、支援員など授業中に付き添ってくださる方の存在は、大きな支えとなり、安心感となるはず…。

そこで、先日、スクールカウンセラーに、「どうして支援員をつけることが出来ないのでしょう?」とうかがってみたのです。

すると「一度、支援員をつけると、その子供は支援員がいないと、自分だけでは何も出来ない子になってしまう」という考えがあるようだ…と言われました。

「ホントですか?><;
正直、まるで想像もしていなかった答えに驚きました。

またいつもの、「特別扱いは出来ない」が理由かなぁ…とか、「支援員が何人いても足りなくなる」とかって話かなぁって思っていましたが…汗とか(まぁ、それもあるでしょう。。。)

だれも、卒業するまでつけて欲しいなんて考えてもいない。ずっーとつけて欲しいなんて思っていないわけです。


「必要だと感じる今、つけて欲しい」…ということ。


スクールカウンセラーが、ケガをして松葉杖を必要としている子供に、ずっと松葉杖がないと歩くことが出来なくなるよ…なんて言わないでしょうにね…とおっしゃっていましたが、ホントその通りだと思います。

そしてスクールカウンセラーからも、「支援員をつける必要性があるのでは…」ということを学校側に伝えてくださっているようですが…。

そうなると…新しい校長先生がどんなお考えなのか…。
今のように、登校することが出来なければ、「まずは登校」という話になるのでしょうか…。
人をつけても、登校出来ないのなら意味がない…とか言われそうだよなぁ。。。
色々難しいです。

通級の先生は、この「登校大作戦」は、一回きりではなく、出来たことを振り返りながら、節目節目(ゴールデンウイーク明けや、夏休み明けなど)でやっていけたらいいかなっておっしゃっていました。

もし、そのような運びになった折には、その時には、ぜひ、支援員をつけてもらえて、すぴがひとつでも「安心感」を得られるといいなぁと思います☆



HANAflower




コメント
この記事へのコメント
なにかがきっかけになって学校を少しでも楽しいと思って欲しい。
そのきっかけが支援員さんでいいのにね。。
不安なんだもん。。まずはその不安を取ってほしいよね。。
なにも、なにがなんでもどっぷり支援員さんに頼るわけじゃないのにね。。
いろんな考えがあるんだねぇ。。

先の心配よりも今、すぴちゃんが必要としているものを準備してあげたいと思うのは間違いなのかなぁ。。
誰かそばにいてくれたら安心する。。。
この言葉をすぴちゃんの今の「なんとかしよう!」という気持ちととらえました。
きっとすぴちゃんは、すぴちゃんなりにどうにかしようとしてるんじゃないかな。。
だったらその気持ちを生かしてあげたいな。
・・って、私が今のHANAさんだったら思う。
それが間違いだったら、間違いに気付いたときに
修復するのも遅くないんじゃないかな。。
だって子育てって、子供の気持ちって分からないことだらけだから全てが手探り、結果オーライな私だもんで^^;
2009/04/29(Wed) 00:58 | URL  | 上園 #-[ 編集]
ん~本当にいろんな立場から考えてすぴちゃんには何が一番学校へ行くきっかけになるのかな・・・って考える時期が来た。って感じだね。親の立場、先生の立場。カウンセラーの先生の立場。そして、一番大事なすぴちゃんの心の立場。何処に重心をもつか。ってなると正直、すぴちゃん。って思いたいけど、それができないんだよね・・・でもね、すぴちゃん、心も体もすこしずつ成長してはなのこと、気遣うようになってるよね。きtっと 長い目でみていったら、皆の立場が一直線になる日がくる思うんだ。甘く無いとおもうけど、そう祈りたいよよです。
2009/04/29(Wed) 20:26 | URL  | yoyo #-[ 編集]
上園さんへ
上園さんが、私の想いを全部言ってくれてる気がする(^^)v
ありがとうv-22

ひとりの為に、ひとりの支援員をつけるよりは、もっと効率よく支援員にも動いてもらった方がいいだろうっていうのは、理解できるけど、支援員なしでは何も出来なくなるっていうのは、子供をよく見て判断してほしいなぁって思った。

本当に、子育てって手探りだね。
こっちも、学びながら…そして又子供は成長していくし。
そうやって、ずっと勉強していくんだよね。
2009/04/29(Wed) 21:02 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
yoyoへ
まぁ、無理は承知でも、声に出すか出さないかでは違うからね。
すぴも、親も、必要を感じているということを伝えておくのは悪くないだろうから。

先生も学校も、親とあんまり変わらず手探りだからね…
今のすぴには出来なくても、いずれ誰かのためにそういう支援が出来るかもしれない。

ぼちぼちと頑張るよ~
ありがとうe-454

2009/04/29(Wed) 21:07 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
松葉杖の話、納得ですね!

子育てって結果オーライですから。
2009/04/29(Wed) 22:42 | URL  | ミリわん #r.rF7prM[ 編集]
ミリわんさんへ
> 松葉杖の話、納得ですね!

スクールカウンセラーさんのこの言葉を聞いたとき、しみじみと「そうですよね~v-237」って言っちゃいました。


2009/04/29(Wed) 22:47 | URL  | HANA #WstX4HDY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。