日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校受験。
2014年02月17日 (月) | 編集 |
このあいだ新年を迎えた気がしますが、もう二月。早いなぁ。


もうすぐ都立高校の一般入試です。
一年前は、すぴ兄の受験を控えて、とにかく体調を崩さないようにと気を使っていた頃でした。

さて。
すぴは、都立の受験はしないことになりました。
受けるにしても、学力試験のないチャレンジスクールかチャレンジ枠(どちらも昼夜間定時制高校)という選択ではありましたが。
1月に、一番近いところの説明会に行ったのですが、帰路は荒れて荒れて八つ当たりされました(^_^;)

要するに、ハードルが高いと感じたのだと思います。

チャレンジスクールとかチャレンジ枠のある高校の説明で言われるのは、「小、中学校での不登校、出席日数や学力は問わないよ。でも、入学したら、普通の高校生と変わらないよ。しっかり学習の積み重ねをして、上の学校も目指して頑張って欲しい」ってこと。

すぴは、以前と比べれば自己理解も深まり、色々な面で成長しているのは確かですが、高校受験という面では、学校が求めていることを受け入れて、チャレンジしてみようという段階にはたどり着いていないのが現実。

「普通の高校に行きたい気持ち」があることを口にしていましたが、実際に説明会に出向いて、「とりあえず受験してみる」という選択肢もなくなりました。

「入学すれば、順調な生徒ばかりではないと思うよ」という話もしましたが、「ひよっこだから、手取り足取りくらいに面倒みてもらえないと無理」と言っていましたね。

都立高校の選択肢はなくなり、やはりサポート校に通いながら通信高校の卒業を目指すって流れに進みそうだったのですが、話を進めようとすると、なにやら現実離れした話が出てきたり…で、まだ進路選択にたどり着いていません。

「高校卒業はしておいた方がいいだろう」という気持ちは口にしているので、ぴったりくるところがあれば一番良かったのでしょうが、そこまでの学校には出会えなかったのだと思います。

私としては、学費のことを考えると、都立にと思う気持ちもありました。
すぴの言う「普通の高校」にも近いだろうと思います。

でも、高校受験まであと2~3年、時間があればなぁ…っていうのが、一番正直な気持ちかも。

今は、少し本人からの動きを待っているところです。

どうなるのかな…。



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。