日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
部活動。
2013年01月13日 (日) | 編集 |
すぴは、先月、部活に入りました。
すごいです(^^)よね!?

週に一回程度の活動なので、まだ数回しか出ていないのですが、「なかなか面白い」なんて言葉が出ていて、よかったなぁと思っています。

顧問が担任の先生なので、すぴとしては、安心して入部出来ましたし、先生も、すぴが参加するときには、出来るだけ職員室で待機してくださっていて、一緒に部室に行ってくださっています。
活動が終わると、私に迎えの電話をくださり、私が行くまでそばについていてくださいます。
そういった配慮があってこそだと思うので、先生にはご負担をかけて申し訳ないけれど、本当にありがたいことだなぁと思います。

同級生の部員には、同じ小学校の顔馴染みの子がいて、しかも不登校になってからも、変わらない接し方をしてくれていた子たちだったこともあって、これも良かった。

別の小学校出身で、初めて顔を合わせる子たちとも、アニメなどの共通の話題でなんとなく話せているみたいだし、すぴの話を聞いていると、すぴのことをなかなか好意的に受け入れてくれているようでもあるので、楽しく続けていけたらいいなぁと思います。

すぴが、昨年の10月~11月に数回登校して教室に行ったときに、言っていたのだけど、「今は転校生みたいなもので、珍しさもあって、かまってくれたりするけど、普通にいつも居たら、ひとりぼっちになると思う」って。

どうして?と聞いたら、「いつもテンション高くいられないし、疲れやすいし。。。ひとりになりたくても、そう言えないし、言えば分かってくれる子もいるかもしれないけど、やっぱりそのうちぼっちになる」と。

そうかぁ…って思いました。肌で感じる様々なもの。そこに流れている空気が合うとか合わないとか。いろいろ感じるものがあったのでしょう。

楽しくないわけではないけれど、いつも楽しいわけでもないものね。

そうだろうなぁ…、そうだよなぁ…と、そうつぶやきながら、すぴの想いを聞いていました。

でも、それからしばらく時間が流れてのチャレンジ。
いろんな想いがあって、たくさん考えて、部活に入ってみようという気持ちになったわけで、「自分の頭で考えて、自分の心で決める」ということが、出来るようになったすぴの成長にじ~んとしました。

放課後の活動とはいえ、ひとりで行くことも難しいし、まだまだ学校には、まぁ簡単にいうと慣れていない。帰宅すると、バタンキューで寝ています。

だから、今後、どれくらいやっていけるかは、分からない。

でも、やっぱりこの一歩はすごい。

きっと、いつか蒔いた種が、ひょっこり芽を出してくれたに違いない^^



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。