日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学習発表会。
2010年11月26日 (金) | 編集 |
先週の学習発表会、やりました!!
すぴはナレーションの役目をしっかり果たすことが出来ました。

校長先生をはじめ、たくさんの先生に「よかったよ!」「最高!」と褒めていただきました。
「ナレーターになれるわ」とか、「司会進行、全部出来るくらい上手」とか、「うちの学年もやってもらいたいくらい」とか、「将来は声優さんとかいいんじゃない」などなど、ほんとうにたくさんの言葉を掛けてもらいました。

私が言うのもなんですが、なかなか上手でした(^^)/

6年生のみんなの演技も素晴らしく、戦争の悲惨さ、原爆の怖ろしさ、そして二度と戦争を起こしてはならない…そんな想いがひしひしと伝わる立派な演技でした。

みんなのその演技も、すぴの力になったように感じます。

そういう意味では、本番前日の児童鑑賞日にも代役を立てずに、すぴがナレーションを出来たこと、そこでみんなの演技を鑑賞できたことは大きかったと思います。

「やってみたら、結構たのしかったよ」というのが、すぴの感想でした。

いいタイミングでお薬も変わり、すぴの背中を押してくれているのかもしれません。

「全員で取り組めた」

すぴも、クラスのみんなも、先生も…

みんなみんな輝いていました。


立派、立派。


感謝、感謝。


20101122233726.jpg

本番までのことを記録しておくと…。

★まず前々日(木曜日)の放課後に学校に行って、すぴだけのためにリハーサルをしてもらいました。
どこで読むのか、読んだあとはどう動いて、どこで鑑賞するのか。
養護の先生も付き添ってくださり、当日、私とすぴが困らないように段取りをつけてくださいました。

すぴは、マイクを使っての練習にとっても緊張していたけれど、なんとか頑張りました。

他にも、他学年の担任ですが、すぴによく声を掛けてくださる先生と、もうひとり6年の先生も見てくださったのですが、「修正なし!」「今のままで最高!」と褒めてもらい、「こんなにすぴちゃんが上手なんだから、代役は立てられない。児童鑑賞日もやって欲しい」とお願いされました。

「二日続けては無理だから…」と、保護者が鑑賞する土曜日だけのつもりで納得していたすぴは、「断固拒否」。
でも、1年生の劇が猫ちゃんの劇でとっても可愛いと聞いて、「それは見てみたい」と言ってみたり…。
先生方は、とりあえず1年生の劇を見に来て、その流れでナレーションも…という感じですぴに言葉を掛けてくださいました。


★そして翌日(金曜日)。
すぴは結局行きませんでした。が、ちょっとここでいい風が吹きました。

午前中で終わる予定だった発表が、6年生だけ午後になったと連絡がきたんです。
でも、先生は「とりあえずそうなったことだけ伝えてください…」というだけで、「来て欲しい」とは言われませんでした。「土曜日、頼むよ」とだけ。。。しつこく言ってしまって、本番もダメになることが私も先生も心配でしたから。。。

もう児童鑑賞は終わったと思っていたのに、午後になったことを聞いたすぴは、なんだか「行ってみるか」な感じになってきました。
そのとき、ちょうど試験で早く帰宅していたすぴ兄がいたのもそういう流れをつくってくれたのかもしれません。

「昨日は、誰もいない体育館での練習だったけど、人がいる雰囲気も知ってたほうがいいよなぁ」

私が、さらっとつぶやいた言葉を、すぴが思い出したようにつぶやいて…


「やるか」


と、学校へ。


★さて、全学年が揃っている体育館。
低学年のざわざわがなかなか静かになりません。
そんな中での、スタートでしたが…。

前日の練習よりも、もっと上手にできました。ほっと一安心。これなら明日も上手くいく(^ー^)

終わったあと、クラスのみんなが「よかったよ」と声を掛けてくれたり、「僕、隣の席になったから」と教えてくれたり。

いい感じで本番へつなげることができました。


★そして土曜日の本番。
よりによって、朝なかなか起きられず苦労しましたが、なんとか余裕をもって到着。

すぴは緊張をとくために、好きなアニメのキャラクターのことを考えることに没頭していました。

一瞬で、妄想の世界へ飛び、一瞬で現実に戻ってきているような感じです。

行ったり来たりで保っているのかな。



★いよいよスタート。
「大丈夫かな?」
保護者席とは違うところに席を用意してもらったので、ひとりですぴのナレーションが上手くいくように願っていました。さすがにバクバクしましたけど、すぴはこの日が一番落ち着いていました。

シーンとした体育館に、すぴの声が響きます。

読み終わると、練習通りに私の隣の席に座り、一緒に鑑賞しました。

保護者の皆さん、泣いてる方も多かったです。
私も感動で泣けました。

終わると、すぴが「みんなカッコいい。俺も一員になれてよかったな」なんていうんで、またまた感動(>_<)/~~


こんな瞬間を目にしてるなんて。
こんな感動を味わえるなんて。
なんといったらいいのか、とにかく「よかった」「頑張った」という言葉しかありません。


今回、担任の先生と養護の先生を中心に、サポートする側にぶれがないようしっかり支えてもらいました。

クラスのみんなも、すぴの出来る形での参加を認めてくれていたようでした。


演技のあとの大きな拍手。
隣をみると、すぴも一生懸命拍手していました。
でも、ふっと気づいたように、「この拍手って、俺にも?かな?」って。

「もちろんだよ」っていうと、手を膝に揃えて、背筋を伸ばし、エヘッ(〃_〃)ゞな表情をしていました。


嬉しかったと思います。


ここに来てくださる皆さんにも「きっと、上手くいくよ」って応援してもらったこと、とってもうれしかったです。こっそりと「頑張れ」って念をおくってくださった方もいるかしら。

たくさんの想いに支えられた気がします。
ありがとうございました!


maru-p.gif ランキングに参加しています★

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへkhana13-b.gif

拍手やランキング応援うれしいです。ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。