日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来月の発表会に向けて。
2010年10月26日 (火) | 編集 |
すぴの学校では、毎年11月に「図工展」と「学習発表会(学芸会みたいなもの)」が交互に行われます。

後期の大きな行事のひとつです。

今年は、学習発表会の年。



毎年6年生は、戦争をテーマに取り組みます。

先週、担任の先生から連絡がありました。

どんなかたちでなら、すぴが参加できるのかを考えたいが、みんなと一緒に練習に参加して、発表の場に立つのは難しいでしょうか…と。

正確には、「それが出来たらいいなとは思うが、難しいと思う。そこでお母さんと相談したい。」ということでした。

先生の言葉で、これまでの先生方が使ってこられた「相談」とは違うことがわかりました。こういう風に言ってもらえるようになったのが、ようやく「今」なんだなぁ。。。

これまでは、基本的に「みんなと同じこと」が「出来るか出来ないか」を確認され、「さあ、どうしますか?」と投げ掛けられるだけ…といっても過言ではなかった。。。

「やっと」かと思うと…なんとも複雑ではありますが、とにかくよかったことには違いない。

担任の先生は、すでに二つの参加の仕方を考えてくださっていました。

ひとつは、場面が変わるときなどにプログラムのような紙をめくる係。
もちろんせりふはなく、めくるときにステージの端に出てくる。のかな。

大事な役割だけど、人前に立つのはキツイだろうと。それにすぴとしては、与えられる役割として他の子たちとの違いを大きく感じるかもしれない。


そして、もうひとつは、劇の始まりのナレーション。
声のみの登場で、姿は出さなくてもいい。

万が一のために、前もっての録音も可能だろうし。

練習も家でできる。

みんなが取り組むことに近い役割で本人の満足度も得られるかも。



そんな相談をして、先生と「ナレーション」でのアプローチに決めました。そして、先生がすぴに話をしてくださいました。

先生は伝え方も考えてくださっていて、「この仕事を、すぴさんにお願いしたい」「練習は家でいいし、成果は電話で聞かせてくれたらいい」と、まずこの点をしっかり話してくださいました。


はじめは私のそばで話していたすぴが、電話の子機をもって違う部屋へむかったので途中からちょっとどんな感じなのかが把握しづらくなったのですが、「はい、はい」と聞いている感じでした。


話し終わると、私に子機を渡してまたテレビを見始めて。


電話をかわると、すぴは、「練習に出るのは無理。みんなの前でやるのは無理」といったそうです。でも。。。話を聞いて、「どうなるかわからないけど、まぁ、それならいいんじゃない。」と言ったとか。先生もうれしそうでした。

私は最近、ほんとに涙もろくて、まだなにも決まってないのに、思わずうるっ

声が震えちゃったんで、「なんかちょっときちゃいました」っていうと、「お母さん、まだ早いっすよ」って言われ。。。



そりゃーそーだ。



でも、すぴが「いいんじゃない」と言ったとかってことより、先生がこれまでの先生のように「お母さん、どうしましょうか?」とこちらに投げるのではなく、「こういうことを考えてみましたが、お母さんの意見を聞きたい。その上ですぴさんに話したい」と言ってくださったことがうれしかったんだo(^o^)o



不登校4年目でようやく、「こんな風にできたらいいのにな」と思っていたことが実現しています。
そして、それが出来たことで、すぴがそのことについて話を聞いて、考えることが出来ていると思っています。

ただ残念なのは、(想像だけれど)これまでのどちらかと言えばうまくいかなかった経過から学んで変化してきたというよりは、先生個人の考え方によるものじゃないかなということ。
先生によって認識が違うということが子供たちに及ぼす影響を、もっと深刻なことととらえてもらいたいものです。

6年になって担任になってもらった先生がこれまでとは違う風を吹かせてくれている。


いい風がすぴに届いて、


自分で決めたことを、


「わるくはなかったな」


といえたらいいなと思います。



それでもって、もし、もしか?、もしも?!、すぴのナレーションが聞けたら、そのときは号泣していいですよね、先生



maru-p.gif ランキングに参加しています★

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへkhana13-b.gif

拍手やランキング応援うれしいです。ありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。