日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【通級】面談。
2010年10月20日 (水) | 編集 |
先週、通級の保護者面談がありました。

前期の個別指導計画をもとに、振り返りと後期の指導目標についてお話をしてきました。

通級も、安定した状態では通えていないのですが、行くと「友達は通級の子たちだけ」とか「(年下のお友達のことを)弟や妹みたいでかわいいんだ」と言ったりしています。

いつだったか、

「通級のみんなとは週に一回しか会わないのに、なんでこんなに仲良くできるのかな」

と言ったこともあって、通級での小集団の体験はそれなりにすぴに何かを積み重ねていってくれているようにみえます。


前期を振り返ると、出席5回、遅刻して出席したのが6回、欠席は5回だったようです。(昨年度後期の出席は0でした。)

すぴが登校できない場合は、担当の先生が家庭訪問をしてくださいますが、そうすると、そのあと「ちょっと行ってみる」ということにつながることもあります。

グループの活動にちょっと加わるとか、給食だけではあるのですが、先生の「顔を見にきたよ」「起きてるか」という関わりは本当にありがたいなぁと思います。

そのあたりは、通級ならでは…というところなのかもしれませんが、在籍校でももう少しそういう関わりを持ってもらえたら…とも思います。


今年度は、担任の多忙(6年で行事が多い・出張が多い・一年間塾生の担当になっている)で、家庭訪問は行事として年度始めに組み込んであるときだけ。でも、担任の先生じゃなくてもいいんだけどなぁ。養護の先生とか…。通級の個別指導計画には、コーディネーターとして養護の先生の名前があるんだけど。。。
この今の小学校の状況を考えると、中学校のことを考えるときになんとも不安。みんなと同じように、学区の中学に進学したとして、不登校の生徒に対してどこまで関わってもらえるのか。中学も通級があるにはあるけれど。。。うーん。。。
でも、すぴの今の状況…気持ち、体力的なことを考えると遠くまでとか、そう遠くはなくても電車やバスで通うというのは難しいだろうなぁ。


話がそれましたが、通級の後期の目標としては、【安定した通級への登校】と、【中学進学について担当の先生とお話をする】ということ。


中学については、私も様子をみて時々話をしてみるけれど「今とおんなじ。家がいい」という感じ。
変化を望んではいるよう…にみえるけれど、じゃあ現実としてなにをどうすればいいんだ…というところで分からなくなって。結局「無理」なんだ。「家でいいじゃないか」というところに話をもっていっている状態…かな。
適応指導教室という選択肢に関しては、あまりいい反応がなくて。

学校にこだわっている…のかもしれませんね。



さて。
昨日から、後期の通級が始まりました。


後期は、特別支援学校・学級の合同作品展や校外学習があります。
前期同様、出席して運動やグループの小集団にどれだけはいっていけるかは分からないけれど、出席できたときには、先生も臨機応変に対応しながら、個別を増やすかたちで出来るだけ進学に向けての相談をしていきたいといってくださいました。

昨年の、チョー!!反抗期な状態から、最近は大人になったなぁ…と感じることが増えたすぴ。

通級の先生も、同じように感じてくださっていました。
頑張りすぎないよう、きつく感じたときにどうしたらいいかをそっと聞きにきたり、年下の子たちへの関わりや、すぴと同じく不登校で情緒的に不安定になっている同級生への気遣いがみられたと。

先生は、これからは指導者としての関わりの部分と、これまで関わってきてお互いに積み重ねてきた信頼感を含めた「人と人」としての部分と、そのときそのときでうまく関わっていきたいと話してくださって。よかったなぁと思いました。


一日いちにちと、卒業へ向かっているのだと感じるこの頃。


気になることや、心配なことは今のうちにひとつひとつ相談しながら、在籍校も通級指導学級もいいかたちで卒業できるように…と願っています。


TENUGUI
鎌倉で買った金木犀の手ぬぐい。
すぴは、左の渋い色のほうにひとめぼれ^_^;ランチョンマットにしようか…なぁ。



昨日の通級は、欠席でした。
11時半頃に先生が家庭訪問にきてくださいました。
すぴは、その少し前にようやく起きて、まだパジャマのまま。。。
でも、昨日はリビングで「グループのみんなに、すぴさんがどう過ごしていたかを報告したいんだけど」という話から、「うごメモでPVを作った」とか、「ヨーヨーやけんだまをやってる」とか…そんな話をしたりしました。
「まぁ、一日のほとんどを妄想とかうごメモで現実逃避してるけど、うつとかじゃなく元気です」って言っておいて…って。

そして、そのうち疲れたのか先生の前でもイヤホンしながら、うごメモを見始め、曲にノリノリだったり、「キャー、この絵好きぃ」って叫んだり。。。
先生もここまで没頭しているとは思っていなかったかも。




スポンサーサイト
【通級】夏の集まり。
2010年08月31日 (火) | 編集 |
土曜日に通級の夏の集まる会がありました。

年に一回、卒業生や退級生も集まってソーメン流しやスイカ割りを楽しむ会です。

昨年、初参加するはずだったすぴは、通級に行くのも厳しい時期で調子が悪く、不参加でした。

今年は、6月頃から通級も少しいい感じになってきて、夏休み直前の「お楽しみ会」では頑張りを見せてくれました。

この「集まる会」に関しても、なんとなく行くんだろうなぁ…という感じだったけど、本人も心配していたのが「朝、起きられない」こと。

近づくにつれ「行くつもりだったけど、朝起きられないから無理じゃないか!」と怒りだし。。。

「わかった!?行かないよ!起きられないから行けないんだよ!わかった!?」って何度も。

私は、「わかった…っていうと行かないに決まっちゃうのかなぁ?…とりあえず聞きました。」で通して。


で、前日。

「始まりから行きたいから、とにかく起こせ」と一言。


かしこまりました~(^o^ゞ


でも、私が起こす前にすぴ兄が見ていたアニメに反応して起きてきました。


そして、なんと時間通りに行って、暑い中、約三時間を過ごすことができました。

同じ曜日グループの年下の子と話したり、リトミックを取り入れながらの玉入れも全部参加。

体育館はほんとに暑くて、すぴは途中でギブアップするんじゃないかと思っていたけど、頑張ってた(^^)

しかも、玉入れとか張り切ってたなぁ。
狙いは、かごではなく、かごを支えるお兄さん(×_×)
「いっぱい当てた!でも、かごにも入れたもん!」って、楽しそうに…(泣)

遊んだあとは、ソーメン流しと、一品ずつ持ち寄ったお料理で楽しく食事。

すぴは、大学生か専門学校生かのお兄さんについて回っていて、私のことは時々どこにいるかな…と確認する感じで。

行く前は「可愛いお姉さんいるかなぁ」と言っていたけど、女の子は少なくて、卒業生は二人だけでした。
すぴが自分のことを「俺…」と言っていたら、中学生の女の子に「それって中二病だぞ!」って言われたとか。

結構、交流してました(^^)

中学生以上のみんなは、なかなかしっかりした感じの子もいて、狭いところですれ違う時に「ちょっと失礼します」と一声かけてくれたり、食事の時に、「前はカレーライスとかも持ってきてた人いましたよ」と話しかけてくれたり。
他にも、小さい子に声をかけたり、面倒をみてあげてる姿をみると「すぴもあんな風になるのかなぁ」と考えたりも。
でも、中には小さい子相手に本気になって取っ組み合いになってる子もいましたね。

以前、通級の先生が「指導をしていても、すぐに成果が出たり、変化が目に見えることは実は少なくて…。でも、年に一回の集まる会で手伝いをしたり、コミュニケーションをとる姿に、グーンと成長ぶりを感じたりもする」と話されたことがあったのだけど、「そうなんだろうなぁ」と分かる気がしました。

先生方も、きっと年に一回の集まりで久しぶりに会う卒業生たちをみて、通級での指導が身についていること、やっていることが実っているということを確認されてるんだろうなぁ。



それにしても、そうめん流しが久しぶりすぎてとても楽しかった私(^^)/
でも、なかなかうまくゲットできなくて、卒業生のスタッフさんに「ここに流してー」とか言っちゃってるし(笑)

あー、暑かったけど楽しかった♪



見づらいですけど、スイカ割りをしているすぴです(^^)/~~~suicawari1
スイカには当たらなかったけど。。。





【通級】遅れて「さあ、いくか」。
2010年07月01日 (木) | 編集 |
今週の通級。10時半にようやく登校できました。

通級は8時半くらいに登校するので、8時前から起こしはじめましたが、起きたのは9時50分。

ゆすっても、声をかけても、スースー寝息たててる姿には思わず笑っちゃいますが、突然「うるさい」「だまれ、寝る」と蹴飛ばされるとなんでこんな目に合わなきゃいけないんだぁとめげたり。

子どもを学校に送り出すのって大変ですね(>_<)


登校してからは、個別、グループの時間ともにきちんと出て活動したようです。

再来週のお楽しみ会の出し物は大丈夫なんだろうか。

みんなで発表するトーンチャイムは、三つの音を任されているのですがバッチリできた!といっていました。


そして、昨年に続いて今年も司会をすることになったと。

昨年の司会も、いやいやながらやったにしてはとても立派にこなしていて見ている私からすれば「きっと自信につながっただろうなぁ」と思う様子だったけど、本人は「こんなことやらされて」という思いがことのほか強く、夏休み明けから通級できなくなってしまったり。。。

でも、今年はちょっと違うかもしれないな。

慕ってくれているT君と二人でやることになったみたいだし。

「また司会なんだけど、マジいや」

っていっているわりには、まんざらでもなさそう。



楽しみにしていていいかな



kasa1.gif

話変わって。

今年度の通級が始まるにあたって、3月の末に面談があったときに、先生から「ここまできたらすぴちゃんらしくやってごらん」というスタンスでいこうと思うと言われました。

ここまできたら…というのは、色々なことをやってきたけれど、うまくいかないことも多かったし、まったく通級できなくなったりもした。でも、本人も将来への不安や不登校にあるという状態について本人なりにいろいろと考えたりもしている。
なんでも自由にやらせるということではないが、個別の時間にどう過ごすかなどは…自分で課題を考えたり、準備したりという方がやっていけるかもしれない。

学校で取り組むことなので、すぴが「これをやる」といっても、もちろん「それでいいよ」ということばかりではありません。そのあたりを先生とやり取りしながら、「じゃあ、これでいこう」という落としどころを探っていくことになります。

好きなことを好きなようにやりたいすぴだから、この作業はラクではないはず。

登校前に、先生に自分で電話をして相談をすることもあるのですが、先生も簡単に妥協されるわけではないので、聞いていると今すぐにも受話器を放りだしそうなくらい苛立っていることもあったり。

でも、大抵はうまくまとまるからすごい。

電話の様子をみていると、時々「ちょっと待って」と言われているのか保留音が聞こえてくることがあります。

イライラしてきたすぴの様子に、落ち着かせようと取られた「間」なのかと思うほどのタイミングだったりするのでもしかしたらひと呼吸置くための「技」なのかな。

確認してみたことはないので技かどうかは不明だけど、いずれにしても有効な「間」で、再び話が始まるときはすぴが落ち着いていて、逆に先生を気遣うというか「もう大丈夫なの?」「もういいの?」という場面も。

そして、「じゃあ、今日はこれにするよ」とまとまっていくようだ。

朝からの通級は、睡眠リズムのこともあってなかなか難しいが、遅刻してでも「さぁ、いくか」といえるのは何より。

今はとくに、お楽しみ会に向けてやることが限定されているということもあるだろうから、夏休み明けは不安もあるけれど、ちょっと昨年とは違うんじゃないかという期待も…ちょこっと…ある…ぞ。なこの頃(^^)/(←自信なさすぎ)


あっぴのバラ
叔母が写メしてくれたお庭のバラ。キレイ


【通級】朝から行けた&通級のお友達。
2010年06月23日 (水) | 編集 |
昨日の通級は、朝から登校できました。
それも一番乗り(^^)/

担当のU先生(主任教諭)が飛び出してくるように出てこられて「すぴー、おはよう。早いなー。一番だぞ!」って笑顔で迎えてくださいました。

すぴは自慢気な顔で「マジで?!一番!やったぁ」と。

通級の先生の子供のハートをつかむ反応や声かけはいつも勉強になります。

前日も1時過ぎまで起きていたので、朝起こすのどうしようと思っていたら、暑かったせいか6時半頃起きてきて、そのまま起きていてくれました。
最近、遅刻してでも行けていたりとなかなか順調です。


この日の連絡帳には、個別で来月のお楽しみ会の出し物のことを相談したり、先生との雑談を楽しんだって書いてありました。
またグループの時間はトーンチャイムの練習。
運動の時間も、足が痛いとかいろいろ言いながらも小集団の中で活動できたと。
落ち着いて取り組めたんだなぁ。うれしい。

これは珍しいし、ほんとにすごい。
(ただ、朝の会と終わりの会は別室でみていて参加できなかったようです。緊張するようで、どうしても出られない。)


この日の通級。
すぴの話では、仲良しですぴを慕ってくれる5年のT君にイナズマイレブンのキャラクターの絵をリクエストされ、描いた絵をプレゼントしたそうです。
T君は、「すげー、うまーい」と喜んでくれたって。
それに給食のとき「今日も隣同士で食べようよ」って言ってくれたんだそうです。
すぴ曰く「Tには萌える」と。(笑)

おとなしくて、「すぴさん」と慕ってくれる弟的存在のT君。
誰かの面倒をみたり、自分がリーダーシップをとる分にはやっていける。
でも、現実的にはそうはいかないですからね。

ただT君との出会いは素直にうれしいです。

だって、すぴ、起きてすぐに「今日の通級は楽しみだって気分で行ける」って。

hana-y287.gif


今月はこんな様子で、すぴは比較的調子よく通級で活動できているんですが、もうヒトリの6年生(女の子)がひどく調子が悪いようです。


[続きを読む...]
【通級】通級参観。
2010年06月18日 (金) | 編集 |
すぴが12時台に眠ると「今日は早く寝たナァ」と思ってしまう今日この頃です。

すぴは4年生の9月から通級指導学級(コミュニケーションの教室)に行き始めました。
順調に通えたことは数少ないのですが、通級の先生との信頼関係は出来ていると感じます。
昨年度は特に調子が悪く、夏休み以降は全く通級できない状態もありました。
それでも、なにかしらの手立てを考えてもらい、本人が通級できないときには担当の先生が家庭訪問をしてくださいます。
通級できなくても、先生にどんな態度をとっても、「先生はすぴさんを嫌いにならないし、変わらず待っているよ」というメッセージを伝え続けてくださっているのです。
通級できない理由として考えられるのは、ルールが細かく決められていること、行けば頑張って(頑張りすぎてしまう)課題に取り組まなければならないこと…などいくつか考えられるわけですが、先生がすぴを見ていらして一番思われるのは「不安が大きい」ということだそうです。周りが考える以上にいつも大きな不安を抱えているのでしょう。
不安は受け止めつつ、出来るかたちを探りながら根気強く関わっていただいています。




6年生になってからの通級は、まぁ、行ったり…行かなかったり…なんですが、ここにきて少しずつ行ける日が増えてきました。

流れとしては、行けなかったときには→先生が訪問してくださる→先生の顔をみてお話ができると→少しだけでも行ってみようかと思える。

と、給食やグループの時間に参加するなどしています。


今月は比較的調子が良く、遅刻してでも自ら通級し、それなりに過ごしているようです。

それなりに…というのは、みんなの様子や課題の内容をみて入れそうかなぁと思うとやってみるとか、気分や体調が優れないときには別室で先生とお話するなどという過ごし方です。

それでも、頑張っているなぁと思います。


さて、今週の通級は参観日でした。
(この日も遅れて行きました。)

「参観日なんだよねぇ」というと、「グループ(の時間)見にくれば?」って言ってくれました。
てっきり「来ないで」と言われると思っていた^_^;

一度家に戻り、時間を見計らって行ったのですが、スケジュールが少し遅れていてまだ個別の時間でした。
教室をのぞいてみると「個別はダメー、帰りなさい」と追いだされ。。。

また一度家に戻り、出直す。


今、通級では7月の初めに行われる「通級お楽しみ会」に向けての準備がすすんでいます。
子ども達が買い物に行き、カレーを作り、出し物を見せてくれるのです。
今みんなは、それぞれの出し物の準備をしているんですが、すぴはたぶん歌をうたうんじゃないかな。


また全員でトーンチャイムの演奏をするらしく、グループの時間はその練習でした。
すぴは、なんと3つの音を担当するようで、「マジで無理」と言いながらも頑張っています。
その練習風景を参観したのですが、3つの音を担当するのはすぴだけ。

大変そうではありますが、「無理なら2つに減らそうか?」という先生の言葉には「任された以上はやります」と言ったそうです。
その言葉通りリズムをとりながら、緊張しながら、頑張って取り組む様子を見ることができました。

それぞれ難しさを抱えている子供たちなので、みんなの前ではしゃべれなかったり、うまくいかないと泣いてしまったり。それでも先生に励まされ、褒められ、仲間に見守られながら気持ちを立て直して取り組んでいました。

曲はカントリーロード。

本番の演奏が楽しみです。



最近、こうして少し通級できているのにはちょっと理由があるようです。

今年度から新しく入った5年生の男の子が、すぴの絵を「すごい!すごい!」といってくれるんだそうです。

今、すぴはイナズマイレブンというアニメに夢中で、そのキャラクターたちをよく書いているのですが、それを見て「ボクも練習したいから書いた絵をちょうだい」というほど気に入ってくれてるのだとか。

毎回書くこともなかった連絡帳(前日は何時に寝たかな?とか朝ごはんは?などを書くようになっています)に、そのキャラクターたちを書き、ふきだしに「朝はキウイを食べたよ」とか「食べてないよ」とかって言わせてます(笑)
その絵も「すげー」って言ってくれるみたいで。

すぴがいうには、「○○くんはあまりしゃべるのが得意じゃないけど、うちとはよくしゃべるよ」って。
見た感じも、物静かに見えるかな。
給食も隣同士で食べているというから、いろいろお話してるんでしょう。

通級では、長女としてオタク話を披露しながら、ときには優しいお姉さんとしてやっているんだろうか…。

でも、泣いちゃったお友達に「おめぇ、男だろ。もう泣くなよ」っていってたよなぁ。

お姉さんというよりは、お兄さんかしらっ。



そうそう、この日は結局追い返されたり、送り迎えしたりで四往復(車で)しました(,>.<)!!

よりによって、ちょうどマンションを出てすぐのところで工事をしていて誘導のおじさんが立っていたのですが、行ったり来たり、何してるんだ?!って思われただろうなぁ。
なんか恥ずかしかった。。。。

すぴに「今日は四往復したよー」といったら「気にスンナ」ってさらーっと言われておしまいでしたとさ。


2010050315570000.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。