日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
進路と記憶に残る卒業式。
2014年04月15日 (火) | 編集 |
相変わらず、久しぶりの更新です。

進級、進学の季節。不登校の子を持つ親にとって、心落ち着かないときですね。皆さま、いかがお過ごしでしょうか…。

三月に入り、そろそろ進路も決まるかなぁという頃、すぴは、「そもそも高校に行く意味があるのか?」というところに、再び戻り、考え始めました。

こういう時、私には、彼女の心を動かすような言葉は思い当たらず、彼女の決断を待つしかありません。

そんなある日、朝起きると、すぴはまだ寝ずに起きていたようでしたが、私の顔をみるなり、「決めたよ。高校行くよ」と。すっきりした顔で言いました。
テーブルの上に、鏡リュウジの「魚座の君へ」が置いてあり、どうやら、その中にかいてある言葉が、すぴの気持ちをすっきりさせたみたいです。なんとも彼女らしい。

通信制高校+サポート校で進路が決まり、あとは卒業式。

「ずっと出るのは無理でも、証書はみんなと同じように受け取りたい」

すぴの気持ちがはっきりしていたので、担任やスクールカウンセラー(SC)と相談、打ち合わせをしました。

SCが、どうしようか迷っている生徒や、すぴのように証書授与を目標にしている生徒のために、相談室をあけたり、体育館のギャラリーに席を用意して付き添ってくださるということで、これは大きな安心感に繋がりました。

卒業式の前日に、最後の証書授与の練習があったので、それを上から私と見学し、放課後には、個別で練習を受けました。
先生方から、「いいね~上手だよ」「きちんと出来てる」「失敗しても、大丈夫だからな」と声を掛けてもらい、緊張の中にも、安心感を持って、当日を迎えることが出来ました。

証書を受け取ったあと退出するときに、学年主任が付き添いながら、体育館を出て、SCにバトンタッチ。
学年主任が、「おめでとう。頑張ったな」と肩をたたき、SCは、「がんばったわね」と抱き締めてくださいました。
すぴは、無事にやり遂げた安心感と、先生方の応援や心遣いに胸いっぱいという顔をしていました。

すぴの他にも何人か同じようなかたちをとっていましたが、学年主任とSCがその度に動いていらっしゃいました。
不安いっぱいの生徒にしっかりと寄り添い、支えるサポート。ありがたいなぁと感じると同時に、どうか、こういったサポートが、学年の体制やSCが変わっても続いていくようにと願う気持ちになりました。

そして、これもまた、とってもとってもありがたいことに、救世主あらわる!な出来事が。

クラスのある男の子が、式の前日に電話をくれました。

修学旅行の時、クラスで並んだときに隣り合わせになって、声を掛けてくれたみたいです。それで、以前教室に行ったときにも、「修学旅行で話したの覚えてる?」と言ってくれたとか。
すぴも、心細いなか声を掛けてくれて、嬉しくて、そういう子がいるんだよと、私に話していました。

電話では、「明日の卒業式、出れそう?」と聞かれたようで、証書授与は出るつもりだと言うと、とても喜んでくれたとか。
「なんで、電話までくれるの?」って聞いたら(笑)、「一緒に卒業したいじゃん」って。

大きな応援ももらって式に出て、教室に戻るときには、すぴもまざって、顔見知りの子と写真を撮ったりして名残惜しい時を過ごしました。
その男の子とも写真を撮りましたよ。野球をやっているみたいで、ずいぶん遠くの高校に進学したようです。

それでそれで、ちょっと続きが。
卒業式の数日後に、ポストに手紙が入っていましてね。
その男の子からで、「卒業式に来てくれてありがとう」って。
一緒に卒業出来て嬉しかったとか、修学旅行で話したときに、面白かったし楽しかったって。
だから、学校にきたら、きっと人気者になるんじゃないかと思っていたよ。オレは、普通に友達になれたと思うよって。
同窓会や成人式には、絶対おいでよって。

すぴ、号泣。

ほんとに、なんていい子なの~。

電話をくれた時の着信番号が残っていたので、お礼の電話をしてみたら?って言ったら、おそるおそる掛けて。
もう寮に入っているらしく、手紙は友達に頼んでおいたのだとか。
一緒に撮った写真を送ると言ったら喜んでくれたと。

すぴの話を聞いていると、その彼はクラスの盛り上げ役なのかな。
別に、すぴだけに、こうしてくれてる訳ではないのだと思いますが、中学の三年間、登校出来たのは、わずかだったし、お友達との関わりも少なかったけれど、振り返ると一年一年、思い出に残るお友達との出会いがあったなぁと思うのです。


卒業式に、出るのも出ないのも、それぞれの思いがあって決めること。
ただ、私からは、「その空気、雰囲気だけでも感じて欲しい気持ち」を伝えてきました。

これは確か何かの本で読んで納得したのだけれど、いつか、なにかの場で、「体育大会」や「卒業式」なんかが話題になったときに、雰囲気を知っているだけで、その場をしのげるんじゃないかって。
やっていなくても、見ていれば、「どこの中学校もマスゲームやるのね」って話に頷けるはず、そう言って体育大会に誘ったりしました。

今回、卒業式についてSCと話したときに、SCが全く同じことを考えていらして、SCがそれを「私は、【記憶に残すため】に、やるという決断もあるよ、と子どもたちに言ってるの」と。

なるほどなぁ~。「記憶」かぁ。

式を終えて、すぴが、「頑張ったな、わたし」「やれた感あるよ」って、自分で言っていて、何よりだなぁと思いました。やれたことに、あまり満足感を表さないので。。。

私は、やたらと緊張しましたが(すぴが、履き慣れない体育館シューズで、スッ転ぶかも、とか言うし)、すぴの証書授与のあとは、みんなの立派な言葉や歌に感激で、「めっちゃ泣いてる。ほら、ティッシュ」と、すぴに言われる始末でした(^_^;)



スポンサーサイト
高校受験。
2014年02月17日 (月) | 編集 |
このあいだ新年を迎えた気がしますが、もう二月。早いなぁ。


もうすぐ都立高校の一般入試です。
一年前は、すぴ兄の受験を控えて、とにかく体調を崩さないようにと気を使っていた頃でした。

さて。
すぴは、都立の受験はしないことになりました。
受けるにしても、学力試験のないチャレンジスクールかチャレンジ枠(どちらも昼夜間定時制高校)という選択ではありましたが。
1月に、一番近いところの説明会に行ったのですが、帰路は荒れて荒れて八つ当たりされました(^_^;)

要するに、ハードルが高いと感じたのだと思います。

チャレンジスクールとかチャレンジ枠のある高校の説明で言われるのは、「小、中学校での不登校、出席日数や学力は問わないよ。でも、入学したら、普通の高校生と変わらないよ。しっかり学習の積み重ねをして、上の学校も目指して頑張って欲しい」ってこと。

すぴは、以前と比べれば自己理解も深まり、色々な面で成長しているのは確かですが、高校受験という面では、学校が求めていることを受け入れて、チャレンジしてみようという段階にはたどり着いていないのが現実。

「普通の高校に行きたい気持ち」があることを口にしていましたが、実際に説明会に出向いて、「とりあえず受験してみる」という選択肢もなくなりました。

「入学すれば、順調な生徒ばかりではないと思うよ」という話もしましたが、「ひよっこだから、手取り足取りくらいに面倒みてもらえないと無理」と言っていましたね。

都立高校の選択肢はなくなり、やはりサポート校に通いながら通信高校の卒業を目指すって流れに進みそうだったのですが、話を進めようとすると、なにやら現実離れした話が出てきたり…で、まだ進路選択にたどり着いていません。

「高校卒業はしておいた方がいいだろう」という気持ちは口にしているので、ぴったりくるところがあれば一番良かったのでしょうが、そこまでの学校には出会えなかったのだと思います。

私としては、学費のことを考えると、都立にと思う気持ちもありました。
すぴの言う「普通の高校」にも近いだろうと思います。

でも、高校受験まであと2~3年、時間があればなぁ…っていうのが、一番正直な気持ちかも。

今は、少し本人からの動きを待っているところです。

どうなるのかな…。



今年もありがとうございました。
2013年12月29日 (日) | 編集 |
大変ご無沙汰をしております。
気にかけてここを覗いてくださる方がいらっしゃるとしたら、ありがたいことです。
それなのに、ほとんど更新していなくて、すみません。。。


近況だけ、少し。

以前に書いた、主人が心理検査を受けるという件については、その後WAIS-Ⅲを受けて、私と主人別々にですが結果も聞きました。
まぁ、だいたい想像していた通りといいますか、結果を受けて感じたことなどは、いずれ書けたらいいなぁとは思いますが、想像していたことと結果が同じでも、「結果を受ける」と、やはり何かが違ってくるなぁと、私としては感じてきたところです。
簡単に言えば、「あきらめがつきやすくなった」感じでしょうか。
私と子供たちでは、また違うかもしれませんが…。
また主人としても、結果は受け止めるしかないわけですが、「誰かに助けてもらうのは逃げ」「努力すれば出来る」というような考えからなかなか抜け出せないようです。
結果を踏まえ、すぴとどう関わってもらうか等々、まぁ、いろいろあるので、ゆっくり考えていきます。


すぴは、進路最終決定の三者面談(二者でしたが…)も終わり、冬休みに入りました。
進路決定は、少し前から、ちょっと気持ちが落ちてきたといいますか…。
「高校行くのかね?」みたいな感じになってきました。

ですが、サポート校の体験には顔を出し(なんだかんだで月に二回くらい機会がある)、顔馴染みの子も出来てきて、これもまた、いいこともそうでないことも、「いろいろ感じるところがある」ようです。
いい経験になっているのではないかと思います。

進学するとなれば、通信制高校の可能性が高いと思いますが、どういったところを選ぶのか、なかなか難しいですね。
「勉強も友達作りも、自分次第」というところで頑張るか、「心配いらずのサポート体制」を選ぶのか。
どれくらいの頻度でなら通学できるのか、そもそも通学できるのか。
選択肢はたくさんありますが、それゆえに決定が難しいと感じてもいるようです。
「自分で決める」って、うん、大変でしょう。

今さら焦る気持ちはない。全然ないわけじゃないけど、まぁ、大丈夫(笑)
ギリギリまで待つことになるかな…という気持ちで、います。


学校の方では、11月と12月は、スクールカウンセラーと何度かお話をしました。
担任の先生とは、なかなか…なままで、先生がプリントを届けてくださっても、顔を出さなくなりました。
悪い先生ではないんだけど、私としても、「連絡を密にしたい」とお願いしていたのに、その後もいろいろあって、なんだかなぁ~ってところがあります。
すぴには、良いかたちで卒業を迎えて欲しいので、面倒でも、先生とは、なんとかやっていかなくては…ですね(私が)。


精神科の診察、カウンセリングには、ちゃんと足を運んで、いろいろお話をしています。

生活面は、そんなに変わりなく…でしょうか。
睡眠リズムを整える作用があるらしいお薬、ロゼレムに二度目のチャレンジ?を始めましたが、相変わらずの昼夜逆転。
お薬だけでは、なかなかですね。でも、本人も、色々考えてはいると思います。
やはり、なにか動機付けになるようなことがないと、パッと変わることはないと思うので、仕方ないかな。

家では、絵を描いたりして過ごしていますが、少し前から、ラインやツイッターでの繋がりが活発になっています。
ラインでは、最近ちょっとしたトラブルがあって、その時はとても取り乱していたのですが、落ち着くのも早かった…かな。
今も、すっかり解決したわけではないのですが、珍しく「アドバイスが欲しい」と言ってきて驚きました。
気持ちの伝え方って、難しいですよね。
すぴは、感じたこと、全部言葉にしたい方だから、なかなか真意が伝わりにくいところがあります。でも、すぴの感性は、すぴだけのもの。大切にしつつ、伝える相手によっては、少しシンプルに伝える工夫も必要。
慣れれば、すぴならやっていけると信じています。

スクールカウンセラーが、言っていたこと。人付き合いで感じるいろいろなこと。イヤなこと、面倒なこと、寂しさ、孤立感、置き去り感。でもそれは、「感性がそうさせる、と伝えてあげたい」って。
苦しいことが多いかもしれないけれど、誰もが感じるわけではないものを感じることが出来る、あなたには、そんな感性があるのよと、伝えてあげたいと。

自分の感性を、「素晴らしい」「でも、苦しいことも多いね」って言ってくれる人がいるのは、ありがたいですよね。そして、そのうち、自分でも、そう思える時がくるといいなって思います。
すぴ、頑張っています。


そして、すぴ兄。
29日から部活も冬休みになり、年末は遊びの予定で忙しいようです。
大晦日も、まどか☆マギカの映画を見に行くんですよ~。
四度目ですよ~(笑)

高校生活は、部活ぶかつブカツ。。。の日々で、これまでスポーツにあまり励んでこなかったすぴ兄にとっては、なかなかしんどいことも多いのではないかと思うのです。
それでも、「やめたい」とか「いやだ」とは、ひと言も言いません。
自分自身の成長を感じ、こんな風になりたいという目標もあるのかもしれません。
そんな風に見える…ときがあります(笑)

成績は、どんどん下がり、ツッコミどころ満載ですが、こればかりは、ねぇ。
「やれば出来るんだから、勉強の仕方を工夫してみるとか…さ」と、励ましてはいますが…。

これまで、主人に対しては、それなりにうまく対応してきたすぴ兄ですが、高校に入り、ぐんと世界が広がった息子にとって、父親の言動は理解し難いことが増えてきて、私に愚痴を言うことも多くなりました。
でも「俺がまだ若いからかも」とか「余裕がないからかも」なんて付け加えることもあって、なんでしょう、やっぱり優しくていい子だなぁ、なんて(笑)

自身の生活を楽しんで、頑張りどころで頑張れるように、見守っていきたいなぁと思います。



近況を少しと言いながら、あれこれと書いてしまいました。
この場所で繋がってくださっている皆さんの存在は、大きい。とても。
いつも本当にありがとうございます。

さー、すぴが年賀状の絵を頑張って描いてくれたので、年内に投函できるように、今日は頑張るのです(*^_^*)

どうぞ、健康第一で、穏やかな年越しとなりますように。


HANA

「チクショー」に救われる。
2013年10月09日 (水) | 編集 |
親の会の方からの連絡メールに、「家族の問題もあるけれど、私自身がひきこもり傾向にあるみたいで」と顔を出せていないお詫びと近況を書いてお返事をしたら、「私も似たような状況だから、メールを読んですごく救われた」とのお返事をいただきまして。

とても行動力のある方なので、私とは比べ物にならないと思うけれど、恥ずかしいなぁと思いつつ正直な気持ちを話してみたら、「そうだ。みんな大変なんだよなぁ」と改めて感じて、「ガンバレヨ、わたし」と。そんな気持ちになりました。



すぴは、修学旅行後、学校には顔を出せていなかったのですが、修学旅行に行けたのだし、あまり間をあけないうちに、教室に行けたらなぁと、そう考えてはいたようでした。

考えてはいても、実際はなかなかな訳ですが、そろそろ夏休みという頃に、夏休みを過ぎたら今よりもっと行きづらくなるだろうからと、SC(スクールカウンセラー)の面接日に学校に行くことを決めたすぴでした。

担任に時間割を確認したら、ちょうどいい時間に担任の先生の授業があったので、SCと少しお話をして→保健室で身体測定&養護の先生とお話をして→担任と教室へという段取りとなりました。

担任の先生には、「教室に行って座っていることを目標としているので。。。勉強はできないんで。。。」とそんな話をしながら教室に行ったようです。

「夏休み前に、一度教室に行っておきたい」、この後のことも考えて、そう決断して、行動に移した。
すごいなぁ、良かったなぁ、と思っていました。


が、戻ってきたすぴを迎えにいき、車に乗ると、半泣き状態。
「当てられた。。。」
「ショックすぎる。。。」
「みんなの視線がこっちを向いてた。。。」
「なんでだよ。。。」

前から順番に当てられたようですが、「次、すぴさん、答えられるかな?」と聞かれたらしく、その瞬間、みんなに見つめられて、動揺したと。そりゃそうですよね。。。
順番だったとしても、「久しぶりだから、すぴさんは次の機会にしましょうか…」とか、何か対応の仕方があったはずで、本人の次に繋げたいという思いを考えると、残念で、腹立たしくて。。。

サポート校に見学に行ったときに、担当のスタッフにその話をして、泣いてました。
本当にショックだったんだと思います。

そのことを、夏休み明けの面接でSCに話したら、絶句されてました。
「そんなことまで言わないと先生は分からないのかしら」と。。。

「私、いまチクショーって思ってる。すぴさんに申し訳ない」って。


まさかSCの口から「チクショー」って言葉が出てくるとは。
なんだか、スッと肩の力が抜けました。

ほんと、「チクショー」だ。
チクショー、チクショー。

あー、すっきり(笑)

しかも、担任の先生、ショックで思い出しては泣いていたすぴに、面談で「ごめんなさい」と謝罪されたあと、「これに懲りて学校に来れないなんてことは、ないわよね」って。
私、穏やかに、「来れないかもしれませんねぇ」って言いました。

その話を聞いたSCは、「お母さん、そう言ったの?よく言った!」「それくらい言っていい」って。


SCは、元教師で、元校長という経歴の方。
会ってすぐ「絶対、元教師だな」って思いました(笑)
でも、子どものことを、とてもよく理解していらして、だからこそ、今の学校、教育を「なぜこうなってしまったのか」と嘆いていらっしゃいました。

学校が、今のように余裕がなくきちきちの教育の場でなかったら、「すぴさんは、適応できたはず」とおっしゃって、根本から問題を見つめていかないと、学校に適応できない子供たちはますます増えていくだろうと。。。

今年度、SCが変わることになって、どうなるかなぁと思っていたけれど、「出会うべきときに出会う」そういうことってあるんだろうなぁと思います。

具体的に、「こんなことをやってみない?」とアドバイスをくださるので、やれること、やれそうなことは、とりあえずやってみる。試してみる。というのが大事なんですよね。

不安定な状態のまま安定していた私たち親子にとって、ありがたいアドバイザーです。


進路について。
2013年10月03日 (木) | 編集 |
十月になりましたね。早いなぁ。

すぴの進路に向けての動きについて、少し現状をまとめておこうと思います。

私自身は、すぴ兄の受験が終わったくらいから通信制高校の資料を取り寄せてきました。

前のSC(スクールカウンセラー)が、すぴが一年生のうちから、不登校だった生徒たちの進学先について情報をくださっていたので、その辺りのお話や、あとは親の会の進路勉強会での話も参考にさせてもらいました。

すぴ自身が動くのは、今頃からか、もう少し先かなぁ…と考えていましたが、7月には東京都の教育相談センターの進路相談会(リスタートプレイス)に一緒に行き、都立のチャレンジスクールやエンカレッジスクールの話を聞くことが出来ました。

すぴは、学習の積み上げが出来ていないので、学力試験を受けての受験は難しいと思います。チャレンジスクールのように学力試験なしの受験(作文と面接)が可能な学校があることを知る機会に足を運べたことは大きかったと思います。

チャレンジスクールは定時制(三部制)ですが、説明を聞いて、「全日制に通うのは、体力的にもメンタル的にも無理だと思った」と言っていました。

その後も、サポート校の見学相談に行き、説明を聞きながら、知りたいことを質問したりもしていました。

その辺りから、「どんな学校なら通えるか」「どんな高校生活を送りたいか」、少し具体的にイメージ出来るようになったかなぁと、すぴを見ていて、そんな風に感じるようになりました。

現在、体調や精神的にも波があるなか、見学や体験をいくつかこなしている状態です。

通信制高校も、今は近くのサポート校に登校しながら学習できるので、同年代との関わりもできるし、レポート作成や提出も心配が少ない。また体験的な授業も多く、すぴには合っているのかなぁと思います。本人もそう言っています。

三年間で卒業出来るし、卒業率も高いようです。
気になるのは、正直なところ学費ですね…。
こういったスタイルの学校は増えてきているし、いつからでもスタート出来るのだろうけれど、ここがダメだったから、別のところで、と何度も行かせることは金銭的に難しいし、本人にとっても挫折体験を増やしたくはない。

よく考えて決めなくてはと、すぴもそう考えていると思います。

動くのも、考えるのも、あまり無理しないようにしないと、疲れちゃいますから、体調や気持ちとの相談、コントロールが大事ですね。

それも、本人が一番分かっているようなので、いま、すぴにとっては、なかなかしんどいと思います。

でも、これも成長してきたから、回復してきたから…こその苦しみでしょうか…。

本人が納得できる卒業、進路決定が出来るように、一緒に考えながら動いていきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。