日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日光移動教室5。(終)
2010年06月17日 (木) | 編集 |
「日光移動教室1」はコチラ
「日光移動教室2」はコチラ
「日光移動教室3」はコチラ
「日光移動教室4」はコチラ


207段の石段を下りると、すぴが「絶対やる」とこだわっていたお祓いでした。
その後、鳴き龍を見て学校のみんなと別れました。

すぐに、すぴの顔が穏やかになったことに気づきました。
やっぱり緊張していたんだなぁ。

こういう変化を目の当たりにすると、「頑張ったなぁ」が「頑張らせちゃったなぁ」に思えてくる。

でも、最近それ以上は考えないようにしています。
「一瞬そう思っただけ」とすぐにどこかに追いやる。
いくら考えてもなにがよくて、どうするのが正解かなんて答えはでないから…。


次よ。次。
さて、次はなにをするんだった?


で、すぴと私は二人でゆっくりと歩きだしました。
泊まったホテルのチラシ?でみたパワースポットを確認するために(^^)

その場所(陽明門付近)に行って、二人して、「この辺かな?」「えっ、ここでいいの!?」なんてやり取りをしていたら、後ろから「もっと前だよ、もう少し前。しゃがんでごらん」って声が。

振り向くと大きなカメラを持った男性がにこやかな顔で、「ほら、しゃがんで見るんだよ」って。

おお~っ。

知らない人にこうして助けてもらえるってとってもうれしい。

すぴとなにやらお願い事をし、「ありがとうございました!」ってお礼をいうと「ご利益あるよ」って。
優しい人だったなぁ。

なにをお願いしたの?とすぴに聞かれ「元気でいられますようによ」って答えると、願い事はそれしかないの?みたいな顔されたけど、すぴは何を願ったのかなぁ。
「コナン君に会えますように」かなぁ(((・・;)ありえるよなぁ。


東照宮を出てからは、みんなが最初に見学した【日光山輪王寺】に戻りました。
CIMG0310_convert_20100616083615.jpg

ここで【逍遥園】という日本庭園を歩きながら、すぴは「こういうの好きぃ」とうっとり。
カメラは完全に奪われましたね(笑)
すぴの撮った写真を見ると、すぴが何を、どこを見ているのかがわかる。
なかなか上手に撮ってましたよ。

庭園を出るころから雨が降りだし、遠くで雷も。
早く中へ…と、【三仏堂】へ。

撮影禁止なので写真はありませんが、高さ8メートルの仏像を見に行きました。
ラッキーなことに、若いお坊さんが「今から説明しますのでご一緒にどうぞ」と。

下から見上げる三体の大仏像。
阿弥陀如来、千手観音、馬頭観音。

あまりの迫力に泣きそう…と思っていたら、すぴが私の腕にぎゅっとしがみついてきて「涙がでてきた」って。
私、馬頭観音さまのお顔が怖いとしがみついたのかなと思ったんですけどね、違ったみたい。
馬頭観音さまのお顔が怖い顔をしているのは自分を戒めるためという説明もじっと聞いてました。
ここでは他にも、干支にはそれぞれの守り神さまがいるというお話などを聞き、十二支に該当する仏さまの名前が梵字で書かれている【梵字守り】を買いました。(ミリわんさん、お手紙にすぴが書いていたのはこのことです☆)
このお守りは一生持てるお守りなんだそうです。
お話を一緒に聞いていた皆さんはみんな買ってた(^^)

すぴはここで「あぁ、もう満足」って。
「ここは、すごいところだ」「なんだか、力が抜けた」っていって、私に寄りかかってました。疲れたんじゃないって。なんかもういいの…十分だ…みたいなことを言っていましたね。
赤ちゃんみたいだったり、大人みたいだったり…。
この子、私の好奇心をくすぐる子だわ(笑)

ちょうど、この輪王寺を出るころ担任の先生から電話がきて、「これから帰路につきます」と。



ここからはオプションだね。
そんな二人の旅の思い出は、ゆっくり書き残していきたいと思います。
覚えているうちに(^ー^)


☆すぴの頑張りをたくさん褒めていただいてありがとうございました。
すぴは日光に行きたかったんですね。
だからパワーも出た。行けてよかったとも思えた。
それを感じられて私も本当によかったと思いました☆



最後にすぴが逍遥園で撮った写真を。。。
知らないうちに私は旅人役をさせられていたみたいです(笑)
(ごめんなさい。携帯では見ることができません。)



maru-p.gif ランキングに参加しています★

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへkhana13-b.gif

スポンサーサイト
日光移動教室4。
2010年06月16日 (水) | 編集 |
「日光移動教室1」はコチラ
「日光移動教室2」はコチラ
「日光移動教室3」はコチラ


東照宮の陽明門で、突然クラスの写真撮影に飛び込んで写った形となったすぴ。

わぁーっと号泣したあと、

「もうイヤだー!」

「マジもう無理!」


と、言いながらもやっぱり学年全体で受ける【お祓い】はやらなくてはと(すごいこだわり 笑)。

先生に、どの時点でお祓いを受けるのか確認したいけれどなかなか聞けない。。。



そうするうちに徳川家康公の眠る奥宮へ。

ここで【眠り猫】を見逃さないようにとすぴにも「あれだよ」と伝える。

CIMG0270_convert_20100615125250.jpg

近くで見ると意外と小さいんですね。

神社仏閣に猫があしらわれるのはとても珍しいそうで(確かに聞かないよなぁ)、東照宮の木彫りでもこの一体だけだそうです。

猫好きの私はこの【眠り猫】がとても気に入りました(^^)
(可愛いお守りも買ってきました。)

じっくり見たかったけどガイドさんが「立ち止まらないでー」といっていた…。

ここから、なが~い石段を上るんですが、なんと207段あるんだそうです。

CIMG0273_convert_20100615125446.jpg


私はここで、「うっそー」「無理ー」とひとりつぶやいておりました。もうよれよれ。。。

すぴは、そんな私を置いて…(時々振り向いて確認しながら)先に先にと上ってるじゃないですか!?

CIMG0276_convert_20100615125539.jpg


どこにそんな体力が!?

(ハァハァ。。。)

やっぱり若さですね…。悲しい(泣)

足の限界を感じながら、でも立ち止まったらおしまいと息切れしながらやっとこさ上った私にすぴは、「大丈夫?あとで水飲みなよ」と、どっちがお母さんなんだか(>_<)

クラス写真であんなに落ち込んでいたのに、長い石段を上るうちになんだか元気になったすぴ。
すごいな。

やっと将軍家康公の眠る奥社、宝塔に到着。

CIMG0277_convert_20100615143414.jpg


この奥社はちょっと空気が違ってました。
霊験あらたかな雰囲気です。
空気もひんやり。


でも、ここはガイドさんがいないしで、みんなさらっと過ぎる。
(ガイドさん、石段の前で先生に旗を渡し「いってらっしゃーい」って。毎回上ってたら身がもたないからですか?)

やっと上ったけどまたすぐ降りなくちゃ。

すぴは降りる前に「なんかイライラがおさまった」「写真で落ち込んだけど、もういいし」と。

そうして、クラスのお友達二人と一緒に私の前を歩いていきました。

三人が並んで歩く後ろ姿を見ながら、なんともいえない気持ちでしたね。
なにかしゃべってたんだろうか。


とにかく、
いやぁ、すごいなと。
やっぱり今回たくましいぞと。
来たかったんだね、日光~。


やっぱり東照宮はパワースポット(←すぴが行きたかった理由)だわo(^o^)o


maru-p.gif ランキングに参加しています★

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへkhana13-b.gif

日光移動教室3。
2010年06月15日 (火) | 編集 |
「日光移動教室1」はコチラ
「日光移動教室2」はコチラ


6月3日(木)日光二日目(みんなは三日目)


一日目…スケジュールを頑張ってこなし、疲れて早く眠るかなぁ~と思いきや、12時、1時…まだ寝ない。
私が隣で寝そうになっていると、すぴの手が顔面にペシッと飛んでくる(>_<)

「うぇーん、眠いのにぃ」

と泣きを入れてみるけど、寝かせてはもらえず。

というか、疲れてないの~?
どうも疲れているけど眠れない…ということらしく、すぴも「うちだって早く寝たいもん」とイライラ。
寝たのは3時頃だったかな…。


朝は8時に朝食だったので間に合うように起こすとなんとか起きました。すごい!よかったぁ。
まぁ、この日はすぴが一番行きたいといっていた【東照宮】の見学でしたから頑張れたのかな。

【東照宮】まで歩いて6、7分のところに泊まっていたので、みんなの到着する前に行ってスタンバイ。

先生のお話では【東照宮】から見学するので【東照宮】の入り口で合流しましょうということで待っていたのですが、電話がきて「輪王寺からまわるみたいでもうガイドさんがついて回ってます」と。

内心「えーーっ(((・・;)」と思いましたが、すぴの前では[問題なーい]な顔をして輪王寺へ。
そしたらもう、輪王寺は終わるところですぐに東照宮へと。ええーっ。

この日のすぴは、みんなが帰ったあと私とゆっくり見てまわるのを楽しみにしていて、みんなの前では無愛想だし反応なしだし。。。

帽子を深くかぶり、「まだ?」と。いやいやこれからまわるんですよ。。。
【東照宮】では、全員でお祓いをするとかで、すぴは「それは絶対やらなくちゃ」と。
でも、それは最後の方。
スタートから「まだ?」を連発していて大丈夫かしらー?

CIMG0233_convert_20100615075704.jpg


想像の象や、
CIMG0241_convert_20100615075905.jpg
三猿を見て、
CIMG0249_convert_20100615075820.jpg


陽明門でクラス写真撮影なんですが。


もう全然その気なしで、前日の華厳の滝より機嫌が悪い。
説得に耳を貸す様子もなく、先生もあきらめるしかない。

とうとう撮影が始まりました。
でも、何枚か撮りますよね。すると二枚くらいは撮ったかな…というところで突然バッグを放り投げ入っていきました。

「にっこうで~」→『にっこりぃ~』
「とうしょう~」→『ぐぅ~』

と皆が笑顔でポーズをとっているなか、ひとりむすっ顔(* ̄O ̄)ノ


終わると、帽子で顔を隠し号泣。。。


でも、自分ではいっていったんだもの。
よくやったね。


その後、写真を撮ったことがまるで「撮ってしまった」「なんてことだ」という感じで落ち込んでた…。


でも、でも。
やっぱり今回は立ち直りが早かった。

すぴの様子では、もう一緒にまわるのは無理かなぁと思い、その後ははぐれない程度に距離をとってついていったのですが、意外なところで持ち直しました。



つづく。


maru-p.gif ランキングに参加しています★よろしかったらポチっとお願いします★

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへkhana13-b.gif
日光移動教室2.
2010年06月11日 (金) | 編集 |
「日光移動教室1」はコチラ

遊覧船で中禅寺湖の景色を眺めながら…お友達の輪の中にいたすぴの姿を見ることができてとてもうれしかったです。
「久しぶりにクラスのみんなの中にはいれた」というすぴの言葉には充実感を感じた反面、ちょっとやそっとのきっかけでは難しいことでもあるのだと痛感したり。でも、ここはとにかく「よかった」といっておきたい。

1a.gif



【遊覧船】を降りると、次はすぐ近くの【華厳の滝】へ。

華厳の滝



この【華厳の滝】に着いた頃から「胃が痛い」と言い出しました。

30分間の中禅寺湖の遊覧。
すぴと予定を相談しているときに、「30分間もみんなと船なんて無理!」と言っていました。でもやっぱり遊覧船に乗ってみたくて、「乗ってしまえば降りられないからあきらめつくかな」と前向きな発言をしたりと、彼女なりに色々と考えているようでした。
実際の様子は、思ったよりも〈いい感じ〉ではありましたが、やっぱりしんどかったかなぁ。
でもきっとすぴ自身も〈いい感じだった〉という気持ちもあるとは思います。
実際、「意外とみんなの輪の中にはいってたよね」とか「6年になってクラスのみんなの中にはいったの初めてじゃんねっ」と充実感あったぞ!な言葉を聞いています(^^)/


さて、【華厳の滝】では、エレベーター(一分間に100m落下する!)に乗り、そのあとひんやりとした通路と階段を通って観瀑台に向かうのですが、エレベーターを待つ間に痛みが強くなってきて、通路や階段では私に寄りかかりながらやっと歩いている感じに。。。

かなり痛みが強くなったようで心配でした。

私も最近でこそあまりなくなりましたが、以前は胃痛がひどかったのでよく分かります。

少し座ったり、横になればラクになるはずですがそんな場所ではなかったので、すぴには日光市内に戻ったらお薬を買おうか…となぐさめるくらいしか出来ません。

【華厳の滝】では、クラス写真を撮ることになっていたのですが、機嫌はとっても悪くなり…先生の声かけにはつかみかかりそうなくらい怒ってました(T_T)



ただ…撮ればきっと思い出に残る写真。

なんとか…という思いは、先生も私も同じ。

まぁ半ば強引に隅っこへ連れられ(撮る直前に)…私も「一瞬よ」と励まし…イヤイヤですが撮りました。

すぴは、怒りと痛みの苦しさでチョーご機嫌ななめ(T_T)

「こんなことしたくなかった

「うん、うん。そうだね。。。わかったよ…」となぐさめますが。。。



ここでギブアップ。



担任の先生は、ほんの少し自由時間があるというのでもう少し居られたら…という感じでしたが、私ももうこれが限界かなと感じました。

そこで校長先生と担任の先生に、「胃の痛みがひどくなっているし、もう限界のよう」とお話して先に出ました。


まぁ、ちょっと付け足すと…
エレベーターで上にもどったあとお土産やさんで「木刀」をみつけるとちょっと痛みもやわらいだか?!な表情に。
あらかじめ渡しておいたおこづかいで「木刀」を買いました~。
なにに使うのかいな。


ここで本日の合流は終了。

約二時間だったと思いますが、すぴは本当によく頑張りました。



合流してすぐに傘の持ち手が壊れ…直後に傘を落とし…。
滝をゆっくり見ることも出来ずに移動し…信号では取り残され…。
自由時間はみんなを眺めるしかない。
おまけに胃が痛くなった。。。。。。割にはよく持ち直して頑張ったと思います。

うん、私、正直驚きました。
いつのまにかたくましくなったのかな…。
強くなったのかな…。と。。。

これまで、身につければきっとすぴがラクになるだろうに…と思っていたこと。

『立ち直る力』
『気持ちの切り替え』

これがずいぶんとうまくいっていた…と感じます。


すぴにとって、「なんとかなる」「まぁいいか」「こんなこともあるさ」と考えるのはとても大変なことのようです。
今も、どんな場面でもこんな風に考えられるわけではないと思います。


今回、うまくいったのは、

★この参加の形が先生からの提案だったこと。
★そして、すぴ自身が「行きたい」「行くことにする」と決めたこと。
★時間の流れや、場所についての情報を出来るだけすぴの頭にはいりやすいようにと準備したこと。

などが考えられるかな。

あとは。。。うーん。。。
マンガとかアニメの世界で、またブログやうごメモの中での人とのつながりの中で、★集団の中にいるのが苦手なのは自分だけではないこと。★なにをやってもうまくいかないと悩んでいるのは自分だけではないこと。★みんな何かしら「やっちゃったよー」「聞いてー。もう立ち直れないよー」な経験をしていること。★でも、誰かに聞いてもらったり、何かに熱中することでその痛みを和らげることが出来るのだということ…それらを学んだのかもしれません。

まぁ、ズッコケ母さんがそばにいるのもいいんじゃないでしょうかねぇ。
自分でいうのもなんですが、見た目がしっかりものに見えるだけに、私の失敗は「あなたでもそんな過ちを犯すのね」という安心感を与えるのかも(笑)実際よくいわれるんですよね。「はなちゃんにもそんなことがあるなら安心」みたいに。

でもでも。たぶんコレが一番かなと思うのは、トイレの問題なんです。
今回胃は痛くなったものの、トイレにかけこまなくてはならないほどお腹が痛くならなかった。
いつも出かけるとき心配なのがトイレのこと…なんですね。
しょっちゅう下痢するし…キレイなトイレじゃなきゃダメだし、和式じゃできないし。。。
日光のいつの時点だったか、「トイレの心配はあんまりしないことにするね」って独り言のようにいっていたんです。
心配すると余計にお腹が痛くなるから…ってわかってるんでしょう。
それにしても、よかった…のひと言につきます。

1a.gif



「日光に来れてよかった」

すぴも私もお互いの顔を見ながら何度こう言ったことか。

「うん、うん。ほとんによかったよねー」って話せるのがうれしかった。とても。




一日目のスケジュールをこなし、あとは宿でくつろぎタイムです。

すぴの胃痛は、薬局で胃腸薬を買って、少し静かに過ごしていたらよくなりました。


温泉にゆっくり入り、ゆばづくしのおいしい食事。


二人で過ごすには広すぎるくらいの部屋なのに、すぴは「甘えるぅ」「くっついていたい」とベタベタのベタ子ちゃんでした(^ー^)


つづく。



maru-p.gif ランキングに参加しています★よろしかったらポチっとお願いします★

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへkhana13-b.gif
日光移動教室1。
2010年06月09日 (水) | 編集 |
6月2日(水)日光一日目(学校のみんなは二日目)

この日は、【竜頭の滝】でみんなと合流して、約二時間ほどを一緒に行動するというスケジュールをたてました。

予定通りに【竜頭の滝】で合流。みんなの列の後ろについて歩きます。
滝に沿って下におりていくという感じ。
このとき、雨がパラついてきました。
周りは男の子が多くて、すぴを見つけて「おおっ」と驚く子やら、おかまいなしに傘を振り回し先生に注意される子やら。。。でも、微妙な反応になりがちな女の子の集団にいるよりは気がラクだったかもしれません。

ここで、すぴが「あーっ」といい立ち止まります。
見ると折りたたみ傘の持ち手がとれてる(>_<)
正確には折れていて修復不可能。
出だしのトラブルにちょっと「あーぁ」な顔になったけど、雨もやんできていたし「必要ならどこかて買うしかないね」と話すとひとまず落ち着いた様子に。

滝をゆっくり眺めながら歩きたいけれど、そんな時間もないんですよね。
走るように勢い良くおりていって、ついていくのに必死な私とすぴ(笑)。
特にすぴは、ぴったりくっついて行くのはイヤだけど、置いていかれても困るという感じで焦っていたかな。

で、慌てていたせいか、今度は傘を柵の向こうに落としてしまい。。。

あらら。。。

滝に流されてはいませんでしたが、柵を飛び越えて降りるなんて出来る状況ではなく…あきらめました。

失敗に複雑な顔をしていたので、「サルがすぴの傘を使ったりして」といったら、「サルにあげるか」とちょっと気持ちを立て直してくれたような反応でした。


龍の顔に見えるというこの場所↓で、写真を撮り…バタバタと進みます。

日光5
絶対に顔は写しちゃダメと怒るし…。
龍の顔に見えないじゃないかと…イライラしてたぁ。。。

日光4
先生やクラスの子たちに「一緒に写真を」といわれるのを「しつこい」と言わんばかりの表情で拒否。


ここでは、みんなと一緒に動いてる…なんていう感じはほとんどなかったんじゃないかな。
ただ集団にまぎれて流れてるような感覚じゃなかったかと思います。

それにしても子ども達が、行く前にしっかり事前学習をさせられるのがよく分かる。
こんな早いペースでは、事前に知識がないとなにがなにやら分からないはず。
私も調べておいてよかった。そしてすぴにも知識のおすそ分けをしておいてよかったなって思いました。


次は【竜頭の滝】から、もう少し歩いて【中禅寺湖の遊覧船乗り場】へ向かいます。


道路沿いを歩くのですが、途中の信号ですぴと私だけが青で渡れず、「おいていかれるー」と私の手を引っ張り焦るすぴ…。(ペースが合わない)

すぴがとっても不安がったのと、イライラしてきたのとで、車が来ていないことを確認して信号無視を。。。

「ママって大胆すぎる」と言われましたが…。

直線だったので、青になるのを待って渡ってもみんなの姿はなんとか確認できるわけですが、そんな説明がすぴの耳にはいるのは気持ちが落ち着いているときでないと。。。

結果的には、安心してまた歩いていけました。


【遊覧船乗り場】では、船がくるまでの10分くらいかな…自由に過ごしてよいことに。


どうするのかなぁと思っていたら、顔見知りの先生のところへ近づいていったりして、みんなのことを眺めていました。

今回の付き添いの先生の中には、3、4年の時の担任の先生がいらっしゃいました。
すぴのクラスの担当ではなかったようですが、すぴも自分から声をかけたり、一緒に写真を撮ってもらったりしていました。知っている先生がいらしてよかった。

すぴのクラスについていた先生とはそれほど面識はなかったかと思いますが、なんとなくいつもテンション低めにみえる(見えるだけなんですよー。スイマセン。笑)若い男の先生でした。

すぴが、「○○先生っていつも困った顔してる」っていったのですが、ホントそんな感じ(重ね重ねスイマセン)。

でも、すぴとその先生が話しているのを見ながら、ハリキリ先生~って雰囲気じゃないところが意外といいのかも…と思いました。
ペースが合いそう(笑)

↓その先生となにか話してました。
日光1 日光2

そんな感じで、10分ほどの自由時間はやっぱりお友達には近づけず先生や私のそばをうろうろしながら過ごしていました。

でも、みんなが結構高さのあるところからジャンプして盛り上がっていたんですね。
それを「ガキだ。うるさい。」みたいにいって見ていたんですけど、「うちも飛べるかナァ」と言い出しました。
すると担任の先生がきて、「飛ぶの?大丈夫?」みたいな話になって、まずは先生が、そして続いてすぴがジャンプ。


「なんか飛べたわ」


と楽しかったのか~そんなでもなかったのか~よく分からないテンションでしたが、逆にそれくらいの方が私としては安心でした。



そうしているうちに乗船の時間になり【中禅寺湖の遊覧】。


初めは中の席に座っていたのですが、外に出てもいいとなるとみんな一斉に外へ。
すぴもそれを見て動きます。
さっきの自由時間にみんなと同じように飛べたからか?なんとなくお友達との距離感が近くなっているような気がしました。

なので、私は少し離れて見ていることに。

先生が「写真を撮るから、すぴちゃんもはいりなよ」というと「写真きらいなんで」と断っていたけれど、チラッと見るとみんなと撮ってる。

「すごいなぁー」と思っていると、先生も「なんか写真も撮ってくれて。来れてよかったですね」と話にきてくれて。

あとで写真を撮っていたことについてすぴに聞いたところ、みんなが「すぴちゃんがはいらないなら撮らなーい」といったのだとか。

話している顔がめずらしくうれしそうで…。
こういう非日常の場所で過ごすと、こういうこともあるんだなぁ、出来るんだなぁ…と私もうれしく思いました。

このあたりから「きてよかったかも」「決断してよかったかも」とつぶやくことが何度かありまして。

本人の口からその言葉がでたことが何よりうれしいことでした。

そんなわけで、遊覧船での(約30分間)私はすぴにとって「おまもり」とか「保険」程度の存在で、みんなの中にはいって風景を楽しんでいるようでした。

すごいですよね。


↓左がすぴです。
日光3

このあと、みんながたくさん集まっている船の前方に移動して、みんなの中にはいっていました。
「中にいるから~」と言っておいたほうがいいかなぁ…と思いながら、そーっと近づいていくと気づいたすぴに「来なくていいから」と言われました。

「すごーい」と思って、「では…」と私も景色を眺めたり、写真を撮ったりと旅気分。
キレイでした。

日光6

日光7

船を降りたら、次は【華厳の滝】の見学です。

つづく。


maru-p.gif ランキングに参加しています★よろしかったらポチっとお願いします★

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへkhana13-b.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。