日々の出来事や想い。お家生活をおくる娘との日常など…。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スクールカウンセラー面接。
2010年08月22日 (日) | 編集 |
夏休みが終わって、一ヶ月ぶりにスクールカウンセラー(SC)との面談に行ってきました。

最初は、夏休みをどう過ごしていたか~とか、これから始まる運動会の練習参加、通級、適応指導教室について話していて。

なんだか、まったりな感じで話をしていたんですが、昼夜逆転や生活習慣の話をするうちに、だんだん私の不安や迷いがでてきて、しまいには泣いてしまっていたという。。。

泣けてきたのは、通級のお楽しみ会でのすぴの頑張りを話した時に、SCが褒めてくださったときで…。

なんというか、家族の中でそういう頑張りをなかなか認めてもらえないっていうのかな…。
そこが、すぴにとって辛いだろうなと思うと、見ている私にとっても辛い。

家に引きこもり、自分の好きなことにだけたくさんのエネルギーを注ぎ込む、すぴの日常。

反対に休むことなく学校に通い、常に頑張りや努力を求められる中で過ごす、すぴ兄。

すぴ兄が、すぴの態度や日常に不満を持つのは無理もない。

でも、「そのくらいで頑張ったといえるなら、俺はどんだけ頑張ってるんだよ」とか、「お前、サイテー」とか「お前、好きなことばっかやってて」とかって言葉を聞くと悲しくなるんです。

やって当たり前、やれて当たり前と指導されていると、「やれない」ことに対する反応は厳しいのかな。。。

怠けているとか、わがままと言われて、ときどーき頑張るくらいでは「そんなこと」としか受け止めてもらえない。

通級での頑張りや活躍ぶりを在籍校の先生たちに知ってもらって、認めてやって欲しいと思うけれど、家庭の中で出来ていないのに、外に求めるのってどうなんだろうと思うことがある。

すぴもすぴ兄もそれぞれ頑張っているのにな。

すぴは、態度も大きいし、好き勝手にやっているけど、自分が周りより劣っていると心の中で泣いている。
なんとかしたいけど、なにをやっても変わらないと嘆いている。

先生の言うように、親の言うようにやってみたけど…
なにをやってもやっぱり変わりはしないじゃないか。だからもういい。と悲観しているかもしれない。

言葉や態度に表せない本当の心の叫びが家族にさえ届かない。

それが悲しい。


でも、反面、すぴにもう少し能力を発揮してもらいたい思いもある。
発揮というよりは、披露して欲しいというか。
「出してごらんよ」な感じかな。

周りが頑張りをもっと認めて、きちんと支えてあげたらすぴは今よりも頑張れるのかな。
すぴが、もう少し持っている力を出している姿を周りに見せるのが先なのかな。

卵が先か、ニワトリが先か…みたいで考えても分からなくなる。

それに、そんなことを考えて分からなくなってくると、そもそも頑張るとか、能力を発揮するとかよりも、毎日お風呂に入ろうよとか、ちゃんとハミガキしようよとか、まずはそれからか…と、今度はそっちを考える。

小さい頃からしっかり身についていたことが崩れてくると、これって一時的なのか…、ここですぐに立て直さないとずっとこのままになってしまうのか…と不安になる。

そして、「無能な私」と凹んでしまう。


1a.gif


凹んで、泣いてしまった私が落ち着くのを、スクールカウンセラーはだまって待っていてくれた。

「すぴちゃんも、すぴ兄君も、お母さんも頑張っているんですよね」

と言われて、「はい」って言えた。


それぞれの頑張りを「それだけか」とか「自分だけたくさん」とか言わずに認め合えるように…なるといいな。


1a.gif


すぴのことに関して、どんな様子か、どんなことをやっていくかを話していても、「難しい」「分からなくなる」で具体的な話が進まなくなったりします。
本人が周りのアドバイスやサポートを拒否していると、なにをするのがいいのかよく分からなくなってもきます。

そうすると、ついつい私の揺れる気持ちを聞いてもらうことになったりして。

でも、「そういう気持ちになるのも当然ですよ」…と言ってもらえるだけで、帰りは元気になります(^^)/



スポンサーサイト
スクールカウンセラー面接とすぴの登校状況。
2010年02月20日 (土) | 編集 |
金曜日は、スクールカウンセラー(SC)との面談日でした。

初めの30分は、担任の先生も交えて三人でお話。

このスタイルは、SCの提案で後期からかな(?)二ヶ月に一度くらいの割合でやっているのですが、間にSCがはいってくださっていると、先生とのお話もとてもスムーズに感じます。

今日は、最近の「学校に足がむいている状態」についての話となったわけですが、

先生からは、

★すぴの話し方が変わったこと。

★会話が一方通行だったが(すぴがひとりであれこれしゃべっていた)、会話のキャッチボールが出来たかな…と思えるときがあったこと。

★クラスの友達とのかかわりは、まだ難しいようで、音楽の授業などを見にいっても教室には入れなかった。

というお話がありました。


私からは、

★少し疲れがでていて、少しのことで怒ったり、イライラしていること。

★キャラを変えたいといっていること。

★いろいろなことをやっているし、よく動けていること。

などをお話しました。


短い時間でしたので、突っ込んだお話は出来ませんでしたが、先生もすぴの今の状態をとにかく「よかった」ということと、あとは、お友達との関係づくりが出来るといいな…ということを言われていました。


rose1_a.gif

で、すぴはこの日どうしていたか…というと、「一緒に行く」「やっぱり家にいる」「ダメ、やっぱ留守番は無理」を繰り返していましたが、直前になって「一緒に行く」ということに。

ラッキーなことに、 「きっかけはモルモット」の先生が、空き時間ということで飼育小屋へ。

あとで聞いたら、モルちゃんのお家がだいぶ汚れていたらしくお掃除を手伝ったそうです。

そうしたら、ちょうど飼育小屋のすぐそばの図工室で授業をしていた同じクラスの男の子に「飼育委員?」と声をかけられたとか。

その話をSCと一緒に聞いて、「臨時の飼育委員だね」なんて話すと、すぴはエヘッと笑ってました。


rose1_a.gif


今週は、月曜日に児童会選挙があり、その時間に登校。

やはりモルモット先生(笑)がついてくださり、みんなとは離れたところで立候補者の演説をきき、投票も(^^)/


「毎日少しの時間でも登校する」と口にしていましたが、そこは無理せずに…ということでなんとかすぴ自身も納得できているかな…という感じ。

ただ、パッタリ「行くのやーめた」になるよりは、休み休みというやり方が出来るといいよね…という話をしています。

今は、ずいぶんいろんなことを自分でも考えて決められていると思うので、私はあれこれ口をださず、「どうしよう」といってきたときに一緒に考える手伝いが出来るように…という気持ちかな。


お散歩するにも、買い物にいくでも、学校の方向へは足を向けられなかったことを思えば、学校に足を運べるだけでもスゴイ(^^)/~~~

SCの、「この変化にぼくも驚いているし、うれしい」という言葉と「お母さんの学校への働きかけで、複数の先生方で家庭訪問をするなど、大きく変わった」という言葉に、今のすぴの状態をただただ「良いこと」だとかみ締める一日になりました。



キャンドル
アロマキャンドルに癒されながらの更新でした~


眠くなってきたァ。
 



11月27日。
2009年11月28日 (土) | 編集 |
今日は、スクールカウンセラーと面接でした。


すぴは、二週間前に私と一緒に行ってお話をしました。

夏休み前以来、久しぶり…ってことで、楽しい話やお手玉などのお遊び。

そのうち、すぴの提案で、すぴが、先生役。

私とカウンセラーが生徒役で、絵の勉強やクイズをさせられて(*^m^)o==3


今日も行ってもいいかなぁ~、行きたいなぁ~な感じだったけど、一緒ばかりではお話が出来ないし、ひとりで行けてよかった。


今日は、最近すぴに対して「ガマンの限界」気味のすぴ兄の話をしたりしました。

すぴ兄との時間をもっととれるといいけれど、なかなか難しい。

でも、少しの時間でも、話ができているのなら…いいのかな…。

まぁ、とにかくすぴ兄はカラダは小さいが(余計なこと? 笑)

たくさんガマンもして、頑張ってくれている…そんなお話をしたのでした。




それから、最近の私の胸の内を知ってか!?な…お話が…。



ずっと、すぴのそばにいて、いつも一緒…という状態を「本当に大変だと思います」と。

そして、辛い大変な日々だからこそ、見えていることがあるはずで、それはとても貴重なことでしょう…と。詳しくは書かないけれど、難しさを持つすぴとこうして関わっていなければ気づけなかったことは、学校の先生や、親の思いのままに子供に接している状況では分からない。

きっと、自分達は関わることで、成長させてもらっている…。

そんなようなお話をしたりして。

特別支援教育といえど、まだまだ名ばかりな状況。

でも、学校の先生たちも、思いのままにならない子供と接していくことで気づいていかなくてはならない時がきている…。

と…、すぴのこと…というよりは、関わるものたちの話が多かったかな。



そういうお仕事ではあるけれど、スクールカウンセラーのT先生には、うん、うん…と話を聞いていただいて、スッキリした気持ちで帰ることができる。


あとで、振り返ると愚痴ばかり言っちゃって、肝心な話をしていなかったりして…と反省することもあるけど、T先生は、「ここで愚痴を話して、スッキリされるなら私はかまわないので吐き出していってください…」といってくださる。


またT先生のお友達とのお話のなかで、愚痴っていうことについて話をしたことがある…と聞かせてくださって。

愚痴は、相手との関係をなんとかしたいという気持ちがあるからでてくるもので、悪口や陰口とは違うんじゃないか…という話をしたと…。

だから、愚痴をいうことって悪くない…そういってくださったようでしたムフフ


なんだか、気持ちが軽くなった気がするなぁ~

すぴには、「働かざるもの、食うべからず…いつか社会に出て、働いて生活していくときがくる」なんてことをいいながら、じゃあ、私はどうなんだ。。。と思うこの頃。

ひたすら、すぴと家にこもり…ボランティアでやっていた読み聞かせの活動も、「続けるのは無理かな」と抜けさせてもらった。

自分が、ただの怠け者のようで…無能なようで…落ち込んでいた。

私がもっとうまくやれば、すぴはもっと違うんじゃないかと思ったりした。

すぴ兄がイラ立つことさえ、全部自分のせいのような気がした。

私の置かれている状況は、実はそんなに大変ではないのだろう。

世の中には、もっともっと苦しい状況に置かれている人たちがいる。

でも、それを知っていても、苦しいと感じるときはある。

そして、私は、いまはそう感じていても、またちゃんとそこから抜けられると知っている。

知っているから、あえて言いたいのかもしれないなぁ。

絶望しているとか、自分が世の中で一番大変だ…不幸だ…と落ち込んで、嘆いているのではなかったりするってこと。


つまり、最近のつぶやきは、愚痴…ってことになるかしら。


ずい分、話が長くなっているけど…なにが言いたかったんだ~。


以前スクールカウンセラーに、「自分が思うには、お母さんは、今出来る限りのことを十分やっていらっしゃるように思います」と言ってもらったことがある。

その時は、何が出来るのか?もっと出来ることがあるはずなのに、私だから、出来ていないんじゃないか…そんな思いをお話したのだったかな…。

時々、思い出して、わたしを励ましてくれる言葉だ。

今日は、「お母さんは、たくさん勉強されていると思うし、ご自分なりの工夫をされ、やれそうなことはすぐに試したり、取り組んでいらっしゃると思う。そんなに愚痴ばかり言われてはいないですよ。いつも冷静に見えます」と言ってもらって、救われた思いだった。

私が、疲れているように見えたかな…。

またひとつ、元気をだせる言葉が増えたみたい。

本当にそうかどうか自信はないけど、時々すぴがいう言葉をまねるとすれば…

「わたし、意外と、やれば、ちゃんと出来るんだから」…と思っておこう(^^)/



来週は、すぴが行きたいらしいので、お約束をしてきた。

スクールカウンセラーに会うためとはいえ、学校に足を運ぶことが、また少しずつ出来ているような気もする…。


スクールカウンセラー面接。
2009年06月27日 (土) | 編集 |
ご訪問ありがとうございますクローバー


金曜日。

スクールカウンセラー(SC)との面談日でした。


sani_bear.gif


今月…。

一週目は、担任の先生とSCと私の三人でお話。

二週目は、すぴとSCと私と三人でお話(ほとんどトランプしてたけどkao02)。

三週目は、SCはお休み。

ということで、SCと二人でお話をするのは、約一ケ月ぶりとなりました黄色かたつむり


「なにからお話しましょうか」…というスローな感じで始まっても…そのうち、どんどん「あんなこと」「こんなこと」を話せる(^_^)

本当に、なくてはならない時間です。

今日も、いっぱいお話をしてきましたが、その話題のほとんどが、


「担任の先生とすぴとの関係」


についてでした。


kasa1.gif



今月、一度だけ家庭訪問に来てくださった担任の先生。

とにかく、しゃべり続けていらっしゃいました汗とか


☆部屋の中を見回し、目についたものについて「これは?」「あれは?」

☆先生のアメリカ留学中の思い出写真を開いて、「これはね」「この子はね」

☆「ラジオ体操はしてる?」

☆「勉強はどう?」

☆「最近、散歩は?」


「必死」「一生懸命」、という言葉が先生の周りにいっぱい見えちゃいました><;


でも、ひっきりなしに質問ばかりされても、どの話題に、どう答えたらいいのか…すぴは分からないんじゃないだろうか…。だんまりのすぴは、先生の顔も見ないで絵を描いたりしていました。
15分ほどの滞在時間。
先生としては、なにかしらの糸口を見つけたり、成果をあげなくては…の思いがおありなのだろうけど…。


favi-kero.gif 「先生、すぴは、そんな短い時間で、【目に見える変化】や【手ごたえ】を感じられる子供ではありません(>_<)」


と…そんなことを考えていた私。


今日のSCとの面談で、そのあたりの様子をお話すると…。


SCも、どうもすぴの担任の先生は、相手の話をじっくり聞いて、相手がどんなことを思い、考えているのか…ということを感じ取るのが苦手のようだと…。

それは、担任の先生と私とSCの三人でお話をしたあとに、担任の先生が自分で言われたらしい。

三人でお話をしたとき、私とSCは、比較的ゆっくりなペースで「うーん」「そうかぁ」と考えながら話をしていたのだけど、担任の先生はそのペースに「ついていけない」と感じていらしたらしい困った。

「私としては」「私は」と口をはさみたくて仕方がなかったそうだ汗とか



(私)「そうなんですかぁ。。。。。」


(SC)「そうみたいなんですよ。。。。。」


(私)「すぴとは、合わないかもしれませんね」


(SC)「ぼくも、そう感じてしまいました」


(私)「どうしましょうね。。。。。」


(SC)「出来たら、先生に変わってもらいたいところですが。。。。。」


(私)「うーん。。。。。」


(SC)「うーん。。。。。」



私は、こういうやり取りの中で…またこういうやり取りの後で、ふと 芽 なにかに「気づく」ときがありますキラキラ

だから、とても貴重な意見を交わし合っているのだと思っています。


でも、きっと担任の先生は、もっと、今すぐ、収穫のある話をしたいんだろうなぁ。


「種をまくだけではダメですか?カエル



HANAflower



スクールカウンセラーと、すぴと、私と。
2009年06月16日 (火) | 編集 |
ご訪問ありがとうございますクローバー


少~しだけ、「信用できるかも」と思ってきているらしい…。

スクールカウンセラー(SC)のT先生のこと。


担任の先生をはじめ、学校の先生方は、先生のことを、「信用できるか?できないか?」という目で見ている子供がいることを、ご存知なのだろうか…。すぴの話を聞いていて、ふとそんなことを感じてしまいました汗とか


少し前に、一度SCとお話をしたすぴは、これまでのちょっとした関わりも含めて、「また話してもいいよ」というようになっていました。うん?どちらかといえば…「また話しに行ってあげてもいいよ」の方が正しいかもしれないニコニコ

でも、おまけとして「監禁されたらどうする?」って、真顔で聞きますが><;
(どれだけ心配性なのか…)

kasa3.gif


そんな訳で、先週の金曜日に学校の相談室へ行きました。

その日、5年生は音楽鑑賞会があって、近くのホールに行っていたので、担任の先生にもクラスの子たちにも会わないということが分かっていたから、割とすんなり、「スクールカウンセラーさんとおしゃべり~」な感じで行きました。

でも、「今日は、ママも一緒にいて欲しい」ってことで、三人でお話。


sani_bear.gif



「担任の先生がお家に行ったっていうのを聞いたけど」

「あー、まーね。ハイ、コレあげる」


と…紙粘土で作ったタマゴをプレゼント♪


「一番キレイに出来たのを持ってきた」

「それは、うれしいことを言ってくれるねー」

「へへっ。いっつも持ってないとダメだよ。ねー、何歳?」

「2?歳だよ」

「えーーーーっ。もっと若くみえるよ。うち、T先生なら結婚してあげてもいいかなっ」

「うれしいなぁー。ほんとは、もっと大人に見られたいんだけどね。童顔だからなぁ…」

「ねーねー、トランプしない?」


隣で聞いている私は、汗をふきふき…。

「なんだか、今日はご機嫌ね…」「あなた、そんな話をしていたわけね」…と、ハラハラしたり、笑わずにはいられなかったり…。
相手がSCさんだと、私ものほほ~ん^ω^と聞いていられるから不思議です。


で、トランプ始まりましたりぼん

二人でやるのかなぁと思って、のんびりしていたら、「ママも、やるに決まってる」といわれ…三人で楽しくトランプ絵文字名を入力してください


「7並べしよー。T先生は、止めたりするの?あれ作戦だっていうけどさー。すぴ、キライ。だから、止めないよ。なのにさ、止めてるって言われるんだよ。止めてるんじゃなくて、出せるのに気づいてないだけなのに。。。。。。


ひどくなーい gray-2.gif


なんだかんだで、そうやって自分のことも話しながら、チャイムがなるまでトランプ遊びをしていました。

帰りには…


「また今度も、トランプする」


と、言ったあと、


「T先生とトランプ」の歌を熱唱あげあげぇ




 Tせんせーいと トランプー



 7並べに、じじぬきにー



 まぁまぁ、たのしかったよー


♪ 
 Tせんせいとー トランプー



  
昨日の夕方、担任の先生から、お電話をいただきました。
「T先生に、トランプをしたと聞きました。次は、私もその作戦で行きたいと思います!水曜日、お邪魔します」

「担任の先生とトランプ」の歌、できるかな困った。

ドキドキ>v<



HANAflower



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。